レディーガガ 病気 現在 生い立ち 結婚

世界的ミュージシャンとしてNo.1の呼び声が高いレディーガガ

日本でも圧倒的な人気を誇り、わたしもファンの一人。

そんなレディーガガ病気だったり、現在に至るまでの生い立ちだったり、ガガの歴史を振り返ってみました♪

 

加えて、気になる結婚についての話題もCHECK IT OUT!!

 

世界の歌姫として活躍しているレディーガガですが、やはり、こうした現在になるまではさまざまな苦難がありました。

そこで、まず最初に、レディーガガが現在も病気に苦しんでいるとの話もありますし、一時期は婚約などの話も浮上していたなど・・・詳しくお伝えしていきます!

スポンサードリンク

【レディーガガの現在】病気や結婚について

レディーガガ 病気 現在 生い立ち 結婚

一時期は、病気のために活動を休止していたレディーガガでしたが、現在は友人や恋人の支えも合って徐々に回復しているようです。

2018年には映画に出演するくらいまでに体調が良くなっていることがわかっていますが、いつどうなるのかわからないのでゆっくりとしたペースで活動していってくれたらなと思っています。

 

また、現在、レディーガガには婚約者がいることがわかっていますが、結婚はまだなのか??

そして、離婚歴があるような噂もありますし、その真相はどうなっているのだろう??ということで、調べてみました!!

レディーガガの病気って今はどうなったの!?

まず、レディーガガは、2016年にPTSDであることを告白しています。

原因は19歳の時に受けた性的暴力という衝撃的なものでした。

長年この事実を誰にも言えずに苦しんできたこと、自分を責めていたことを告白し、同じ経験をした人やPTSDに苦しんでいる人の味方となっています。

 

また、翌年には線維筋痛症という病気になり、活動を一時休止していたことが話題になりました。

線維筋痛症は治療法が確立しておらず、一度発症すると非常に苦しい思いをする病気として有名です。

日本でも有名人が線維筋痛症を告白しています。

この病気は非常に強いストレスが原因しているのでは?と考えられていて、レディーガガは19歳の時の辛い経験が引き起こしたのではないかと言われていますね。

 

そもそも、線維筋痛症というのは、慢性的に全身にガラスの破片が流れていくような痛みが走り、非常に苦しみを伴う病気です。

男性よりも女性の方が発症しやすく、線維筋痛症が原因で死に至るということはありません。

痛みを感じるタイミングは、光や気温などの外的刺激を受けるだけで強い痛み、鋭い痛みを感じます。

 

また、病気を発見するまでに時間がかかることが多く、気付いた時には悪化していたということも多いことが特徴です。

慢性的な痛みを伴うため、睡眠障害や強い疲労感によるうつ病を発症してしまうなど、線維筋痛症は、単なる病気としての認識では難しいものがあります。

深刻な場合、自分で死を選んでしまう人もいるくらいに苦しい病気なんですよね。

原因がはっきりしていないため、治療法もなく、痛みを抑える薬を飲み続けることとストレスを減らすために休養を取ったり、運動をすることも大事なことになります。

 

さらに、米国人口の2%は線維筋痛症に悩まされていると言われていて、比較的30代から40代に多いです。

レディーガガは、病気を公表後無期限の休養に入りましたが、今までファンのために使っていた時間を自分のために費やすことを願っています。

現在は、少しずつ症状は緩和されているようで、映画出演時も元気な姿を見ることができますね。

スポンサードリンク

【結婚の婚約や離婚】レディーガガの恋愛事情

レディーガガ 病気 現在 生い立ち 結婚

一方で、派手な衣装やイメージが強いレディーガガですが、セレブには珍しくたくさん恋愛の噂が流れたというようなことがありません。

 

以前にも数人アーティストとの熱愛は噂されてきましたが、すぐに破局を迎えています。

最初に本格的なロマンスが報道されたのは、2001年にミュージックビデオ「You&I」で共演したテイラーキニーです。

甘いルックスのテイラーは当時まだ売れておらず、恋人もいた中でレディーガガとの恋愛を2011年にスタートさせました。

恋愛なので何があるのかわからないものですが、なかなかハードなスタートをしていますよね。

 

順調に交際を続けていたと思われていましたが、徐々に仕事が増えていったテイラーはほかの有名女優との噂が絶えず、真意は定かではありませんが、レディーガガの精神状態が不安定になっていったようです。

ですが、そういった不安を払拭させるように2015年には婚約を発表し、仲睦まじい関係性が見え隠れしていましたが、結果的にテイラーとは2016年に破局を迎えました。

理由は明確には明かされていませんが、レディーガガの仕事が忙しく、レディーガガが仕事に集中すればするだけ恋愛関係が悪くなっていったと語っています。

 

レディーガガ 病気 現在 生い立ち 結婚

そんなレディーガガはしばらく恋愛の噂から遠ざかっていましたが、2017年に17際年上のタレントエージェントを務めているクリスチャン・カリーノと熱愛が発覚しました。

年の差もそうですが、今までとは違いかなり早い段階で「婚約」を決めていることも特徴的で、どれだけ本気なのかが伺えます。

ただ、実際に婚姻関係になるかどうかの時期はまだ未定で、まずはレディーガガの病気治療に専念するという理由でした。

 

しかし、どうやらそれだけではない様子なのです。

というのも、元婚約者のテイラーキニーがレディーガガとの復縁を強く望んでいるからです。

 

レディーガガと別れてから、まるで何かに取り憑かれたように代わる代わるいろいろな女性と夜を共にしていたと言われているテイラーですが、そうした夜を重ねているうちに、自分がどれだけレディーガガを愛していたのか、どれだけ大切な存在だったのかに気付いたというのです。

最近では、レディーガガのコンサートにまで出向き、復縁をしたいと必死の様子ですが、レディーガガにとってテイラーはすでに過去の人。

支えてもらった懐かしい記憶はあれど、レディーガガには現在クリスチャンがいるため、復縁をする気持ちはありません。

 

ですが、テイラーが納得してくれた上でクリスチャンとの次のステップを踏みたいという気持ちがあるようで、元婚約者への配慮が結婚への道を足踏みさせていることがわかっています。

テイラー自身はまだレディーガガとの復縁を望んでいる状態なので、なかなか難しいと考えられていますね。

 

また、レディーガガは婚約をしたことはありますが、結婚歴はありません。

なのに、離婚歴があるような言い方をされていることがあるのはなぜなのでしょうか??

 

やはり、その理由として一番大きいのは、前出したテイラーの件ですね。

非常に長い期間交際をしていたこともありますし、婚約期間もあった後の破局なので、結婚を解消したと勘違いされたようです。

さらに、現在の婚約者のクリスチャンには離婚歴があるため、その話と混同されることもあるようです。

以上のように、レディーガガは一度も結婚したことはありませんし、離婚歴もゼロですよ。

スポンサードリンク

【レディーガガの生い立ち】幼少期から現在まで

続いて、裕福な家庭に育っていたことはよく知られた話ですが、実際に現在のように素晴らしい成功をおさめるまでにはどのような人生を歩いてきたのでしょうか??

レディーガガ本人は、自分の人生をほとんど隠すことなく公表し、同じような境遇の人達や同じ夢を持っている人達を勇気付けてきました。

こうしたオープンな部分が人々の興味や共感を得る大きな理由だと言えますよね(私もその一人です)。

 

そして、幼い頃から音楽に触れ、学業もトップレベルだったと言われているレディーガガは、順風満帆な人生を送ってきたのではないか・・・と思われがちですが、実際は様々な困難と挫折を味わっています。

いじめや個性に対する周囲の無理解、それによって引き起こされる無力感などなど、あらゆる感情がレディーガガを襲って自暴自棄になった時期もあったようでした。

 

ですが、それでも「音楽」という目標や夢を持って行動し続けてきた結果が今だと言えるのです。

そこで、年表にして、幼少期から現在までのレディーガガについてまとめてみました。

カッパ先生カッパ先生

現在のレディーガガがいるのは、

今までの経験の賜物だとわかりますよ!!

1986〜2004年:生い立ちと幼少期

実業家の両親のもと、ニューヨーク州ヨンカーズで生まれる。

裕福な家庭で育ち、4歳で楽譜なしでピアノの演奏ができるようになり、13歳の頃にはバラード曲を自分で作曲。

11歳にジュリアード学院音楽部門に合格するも、音楽に興味がなかったようで辞退し、マンハッタンにあるカトリック系私立学校へ進学。

 

いじめを経験しながらも14歳からクラブでパフォーマンスを開始し、17歳で二ヨーク大学芸術学部に早期入学するも1年で退学し、薬物中毒になる。

ブリトニー・スピアーズやビヨンセに影響を受け、スターになることを再度決意し、ドラッグから抜け出す。

2005〜2007年:キャリアスタート時期

19歳でデフ・ジャム・レコードと契約を結び、親元を離れる。

ストリップクラブで働き、ストリッパーとして生計を立てながら音楽活動を続けていた。

 

初期の楽曲に携わった音楽プロデューサーがレディーガガと名付け、2007年にインタースコープ・レコードとソングライター契約を結び、同レーベル所属の有名アーティストらに楽曲を提供する。

アーティストのエイコンがレディーガガに歌手としての才能があると認め、自身のレーベルとアーティスト契約を提案し、受ける。

この時期、レディーガガはデビューアルバム制作のため1年ほどスタジオに籠って作詞作曲を行い、アルバム150枚ほどの楽曲を制作した。

2008〜2010年:ザ・フェイム・モンスター

2008年、デビューアルバム「ザ・フェイム」をリリースする。

オーストラリア・イギリス・カナダ・アイルランドにて1位を獲得し、アメリカ・オーストラリアでは最高4位、日本では最高6位を記録し、売り上げ総数は1200万枚を突破。

その後も次々とヒットを飛ばし、2009年には自身初のライブツアーをスタートさせ、批評家達から賞賛を得た。

 

2009年11月に2枚目のアルバム「ザ・モンスター」を発表、全世界で600万枚以上の売り上げを記録した。

2010年にはアメリカ雑誌の「タイム」が世界で最も影響力のある有名人100人のアーティスト部門1位になる。

2011〜2017年:ボーン・ディス・ウェイ

2011年にアルバム「ボーン・ディス・ウェイ」をリリースする。

全世界で800万枚以上売り上げ、世界で2番目に売れたアルバムとなった。

日本を含め、世界中にプロモーション活動を行い、大きく知名度を上げていく。

 

この頃、ライブ公演に対して、宗教問題で反発があり、中止になる騒動がいくつか発生するが、めげずに勢力的に活動している。

また、2017年に線維筋痛症を患っていることを公表し、無期限の活動休止を宣言。

2018年〜現在:2018年は映画「アリー/スター誕生」が大ヒットしつつ、2019年も活躍が期待

2018年には映画「アリー/スター誕生」にて、アリー役として映画デビューも果たし、映画自体も興行収入40億を超えるヒットとなった。

2019年もさらなる活躍が期待されている。

 

【おすすめ関連記事】

【映画】アリー/スター誕生は実話?

ネタバレ+評価を

私の感想と共にお届け!

カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪

まとめ-レディーガガの病気や現在

以上のように、世界的にたくさんに人から支持されているレディーガガですが、たくさんの困難を乗り越えて現在があることがわかりますね。

 

また、近年は病気治療にも力を注ぐ必要があり、非常に苦しい思いをしているようですが、そんなレディーガガを支えてくれる年上の婚約者がいることはとても安心でしょう。

 

少しずつ体調は戻ってきているとのことなので、2019年は少しずつでいいのでレディーガガのいつもかっこいい姿や歌声を聴きたいですね。

スポンサードリンク


管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに
オススメの記事♪
↓ ↓ ↓


【キングダムネタバレ最新話の速報はこちら!!】

キングダムネタバレ最新話の速報!

考察+感想+予想を

管理人が独自レポート!

カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪


管理人のレゾ管理人のレゾ

知りたい情報を
クリック♪
↓↓↓