看護師のナミ看護師のナミ

私自身も経験したことがある、”外来看護師” についてです。

病院などの医療現場の外来で働く、外来看護師とは??』についてわかりやすく説明していきます。

外来看護師には、病棟勤務の看護師とはまた違った役割があります。

 

そこで、今回は外来における看護師の役割や、継続看護の重要性、患者さんとのコミュニケーション・関わりなどについて、お話していきたいと思います。

スポンサードリンク

外来看護師の役割とは??

看護師のナミ看護師のナミ

外来看護師としての役割は多岐に渡ります。

中には、看護師の資格がなくてもできる業務内容も含まれており、「私は看護師なのに・・・」と抵抗感がある人もいるかもしれません。

でも、病院によっては、そういった業務内容が含まれている場合があるのも実情ですね。

 

これには、病院の規模やシステムなどによっても様々であり、その施設によってやり方も変わってきますよ。

なので、本記事では、一般的な外来看護師の役割についてお話していきます。

まずは、医師の診療の補助

医師の診療の補助には、

  • 直接的に医師の補助をして診察をスムーズにする役割
  • 患者さんの受診準備をサポートし、医師の診察をスムーズにする役割

などがあります。

 

医師の診療の直接的な補助では、診察時に患者さんの衣服を押さえたり、診察を受ける適切な体勢を促したり・・・といったことが挙げられます。

また、医師に医療器具を受け渡すことも、業務内容になりますね。

 

一方、診察の準備を補助して診察がスムーズになるように計らうことには、待合室への入室順を整理したり、診察台に上がってもらったりなどの準備ですね。

そして、医師が診察室に入ったとき、すぐに診察スタートが可能になるようにしておくワケです。

患者さんへの処置には何がある??

医師から指示を受けて、静脈注射や採血、点眼、軟膏処置、検査の準備処置などなど、診療科によって様々な処置があります。

※大学病院などでは、静脈注射なども医師が行う場合もあります。

患者さんへの指導はどう??

患者さんへの指導にも様々なものがあり、

  • 食事指導
  • 運動指導
  • インシュリン指導
  • 軟膏処置の指導
  • 日常生活の指導

といった患者さん本人への指導のほか、ご家族への指導もあります。

また、次回の検査に向けての注意事項を伝える、などといった仕事もあるでしょう。

他部門との連絡・連携が大切になる

外来看護師として大切な役割とは、他部門との連絡や連携をすること。

多くのケースで、まずは外来で医師の診察を受け、先生の指示によって検査をすることになった患者さんが他部門での検査などを受けるワケです。

そして、再び診察室に戻って、医師から検査結果の説明を受ける、といった流れですね。

こういった外来での『診察⇒検査⇒診察』といった流れをスムーズにしてあげて、患者さんの負担をなるべく小さくする配慮も大切な役割です。

 

また、検査が一か所の部門で終わらない場合も多く、患者さんに行ってもらう部門の順番をそれぞれの部門で声かけしてもらい、スムーズに検査が終わる工夫だったり。

それぞれの部門と連携して、その患者さんに必要な介助・配慮すべき点などの細やかな情報共有だったり。

患者さんがより苦痛が少なく検査を受けられるようにしたり。

以上のような役割も、外来看護師としてのお仕事となりますね。

 

さらに、受付や会計とのコミュニケーションを正確に行い、次回の予約を間違いなくしてもらうこと。

検査や治療の中断が起こらないように注意すること・・・などもあげられます。

 

他にも、入退院における病棟との連絡・連携や、栄養指導部門やリハビリセンターといった患者さんが関わる他部門との情報共有も欠かすことのできない大切な役割ですね。

看護師のナミ看護師のナミ

このように、外来看護師として横断的なコミュニケーションが重要なんです。

記録や機器の管理

看護師が処置をした記録や、会計に渡すための点数票のチェック、医師のカルテ記入の補助などなど、記録にも様々なものがありますよね。

電子カルテに不慣れなお医者さんもいますし、そのサポートや電子カルテ機器の管理などをする場合もあります。

ただし、実際には、電子カルテの補助や点数票のチェックなどは医療事務などの専門スタッフが行う場合もありますが。

そのほかにも・・・

ここまでお話してきた役割以外にも、その病院や施設によって様々な仕事があります。

病院や施設によって異なるのですが、私の場合、洗濯物や掃除などといった雑用的なお仕事をお願いされるケースもありましたね。

もしくは、物品や診療情報パンフレットの管理・発注なども。

また、地域住民や患者会などに向けての講演会講師や、院内研修の講師などを担う場合もあります。

看護師のナミ看護師のナミ

こんな風に、外来看護師の役割って多岐にわたるんですよね。

実際には、これらの仕事を看護師ではなく、他の専門スタッフが行っている場合もあり、病院の規模やスタッフの多様性などに左右されますね。

しかし、患者さんとの関わりにおける看護師の役割が重要であることに変わりはなく、コミュニケーション能力が求められる場面も多いでしょう!!

スポンサードリンク

外来看護師の業務の流れ

看護師のナミ看護師のナミ

業務の流れについてまとめますね。

1. カルテの確認

患者さんのカルテを確認し、診察の内容や医師の指示、検査結果ができているかなどの診察に必要な準備をします。

2. 問診や事前確認

患者さんや付き添いの方などにお話を聞いたり、問診票の記入をしてもらったりするほか、事前の検温などを実施します。

3. 患者さんの受診準備

患者さんの診察準備のサポートをします。

あらかじめ診察台に上がってもらったり、必要であれば衣服を脱いでもらってタオルをかけたり・・・といった準備をし、医師が診察室に来たらすぐ診察を開始できるようにします。

4. 医師の診療の補助

医師がスムーズに診察できるよう、患者さんの衣服を押さえたり、適切な体勢を促したりします。

5. 医師の指示による処置や検査

医師の指示を受け、必要な処置や検査などを実施します。

6. 患者さんへの指導

医師の指示に基づき、患者さんや家族へ必要な指導を行います。

また、次回受診の日時予約や、検査についての注意事項の説明などもありますね。

7. 会計・受付との連携コミュニケーション

会計や受付と連絡・連携し、次回の予約やお薬を受け取る案内、次回の検査日時などの再チェックなどを経て、通院が中断されないよう配慮してもらいます。

ただし、実際には役割分担があることも

実際には、外来看護師間の役割分担によっては、診療補助担当や処置担当などといったように1日単位や1週間単位などの役割分担をして業務をすすめる場合もあります。

また、看護助手や事務員などで役割を分担して、看護師業務の補助をしてもらうこともあるでしょう。

栄養指導では専門の栄養士、採血や検査は検査部門の看護師スタッフ・専門の検査技師が実施するなど、病院の規模やスタッフの多様性などによって役割分担の仕方も様々です。

小さなクリニックなどでは、そのほとんどを看護師が担う場合もありますね。

スポンサードリンク

多岐に渡る業務・コミュニケーションの重要性

看護師のナミ看護師のナミ

ここまで述べてきたように、

外来看護師ってコミュニケーション能力がとても大切。

患者さんとのコミュニケーションの重要性

初めて受診に訪れる患者さんはもちろん、何度か通院されている患者さんであっても、人それぞれ不安や羞恥心、病院への抵抗感などには違いがあります。

不安を軽くしてあげたり、羞恥心や苦痛の緩和などは、外来看護師の重要な役割のひとつですね。

 

また、医師に直接聞きにくいことって誰にしもありますから、看護師から聞いておきたいケースも多い。

そういった橋渡しとしての役割など、患者さんと医師の間に入ったコミュニケーションに円滑さが求められます。

陥りがちなこと・気をつけるべきポイント

看護師のナミ看護師のナミ

ここでは、よくある失敗パターンや要注意ポイントを紹介していきます。

【診療のスムーズな流れを重視するあまり、患者さんの心への配慮を怠ってしまう】

混雑する外来において診察の流れをスムーズにし、少しでも待ち時間の減少を計ることは大切なことです。

 

しかし、診療の流れを重視するあまり、患者さんへの配慮を怠ってしまう場面を目にすることがあるんですよね。

 

例えば、「ここで全て脱いでおいてくださいね」などと、患者さんを残して次の作業に行ってしまうことはよくあることかもしれません。

でも、患者さんによっては、不慣れや羞恥心などからどうしたら良いのかわからず、準備ができないまま自分の番が来てしまう・・・といったこともあります。

こんな風に、患者さんの不安な気持ちや羞恥心を置き去りにしてしまうと、ダメな結果になりますよね。

体調がすぐれず、自分は何の病気なのかと不安を抱え、勇気を出して病院に来たという患者さんもいらっしゃいます。

 

患者さん一人一人に生活背景やバックグラウンドがあり、“けっしてスムーズな診察の流れの一部ではない” のだということを忘れてはいけません。

【看護師には当たり前でも、患者さんには分からないことが多い】

日々業務を行っている看護師には当然のことでも、患者さんにはわからないことが多いものです。

内診やレントゲン撮影などのように、診察や検査内容によっては衣服や下着を脱ぐことなどに戸惑う患者さんもいます。

また、検査の注意事項の説明などでは、「水はダメですよ」と声かけをしたものの牛乳を飲んできてしまったことや、「ご飯はだめですよ」と声かけしたことでお菓子を食べてきてしまったなどのような例もあります。

【多忙なことが表情や行動に出ていて、声をかけにくい雰囲気になりがち】

外来は多忙な場合も多く、そのことが表情や行動に表れていて、声をかけにくい雰囲気の看護師を見かけることもあります。

『医師に聞きにくいことを看護師に聞いておきたいなぁ』と思っている患者さんがいたとしても、気が付くことができないかもしれません。

また、そんな看護師では、『この病院なら信頼できそうだし、これからも安心して通院できそう』と思える機会を奪ってしまっているかもしれませんね。

【付き添っている家族が非難されたように感じてしまう発言など】

患者さんを家庭で介護しているご家族や、子供の付き添いをしている保護者の方などが、傷ついてしまう場面を見ることもあります。

家庭でのケアについて、「こんなことしてはダメなんですよ」「どうしてやってないんですか」などといった言葉で傷ついてしまうケースはよくあります。

看護師にそのようなつもりは無い場合もあって、受け手側の心情による要素もあるため難しいことですが、「このようにすると良いですよ」「こういうケアが必要ですよ」などの言い方に配慮したり、表情や雰囲気でカバーしたりといったことも必要ですね。

継続的に適切な治療を受けてもらうためには、家庭でのケアをしてくれる人も患者さんにとって大切な人だということを忘れず、配慮する気持ちが必要なのです。

他部門との連携・コミュニケーションの重要性

以上のように、「スムーズな受診」「検査の流れや待ち時間の軽減」「次回の受診の確認」「治療を中断しないための働きかけ」などなど、他部門とのコミュニケーションは継続看護にとって重要なポイントです。

病院に行くと半日以上もの時間を要してしまったりなど、それだけで患者さんが疲れてしまう場合も多く、スタッフ間の連携で患者さんの負担をなるべく少なくすることも継続看護にとって大切なんですよね。

継続看護の実現にはコミュニケーションが重要

看護師のナミ看護師のナミ

何はともあれ、人と人とのコミュニケーションなんです。

多岐にわたる外来業務の全体を通して、全てに共通する重要な役割は『コミュニケーション』だといえるでしょう。

一時しか関わることのできない外来患者さんへの時間内でのフォローができなければ、看護は途絶えてしまうでしょう。。

関わる時間の限られている外来では、病棟のように後からフォローをできる機会は少ない場合が多いのです。

 

外来での短時間の関わりながらも、必要な治療期間を継続的に通院してもらうための継続看護は、効果的な治療のために大切なこと。

その継続看護をするにあたり、外来看護師によるコミュニケーション能力・スキルの不足は、治療の中断などにもつながる大きな障害であることを忘れてはいけません。

外来看護師のコミュニケーションと継続看護(まとめ)

看護師のナミ看護師のナミ

最後に、本記事のまとめをしておきますね。

ここまでお話してきましたように、外来看護師の役割には、

  • 医師の診療の補助
  • 患者さんへの処置
  • 患者さんへの指導
  • 他部門との連絡・連携
  • 記録

などがあげられ、病院の規模やスタッフの多様性などによってその役割分担の仕方は様々です。

小さなクリニックなどでは、このほとんどを看護師が担う場合もありますね。

これらのどの役割においても、外来看護師によるコミュニケーションが欠かせず、必要な治療期間を中断せずに通院してもらうためには継続看護への意識が重要になります。

 

スムーズな業務を重視するあまりに、患者さんとのコミュニケーションが不足したり、患者さんへの配慮を怠ってしまったりすると、継続看護を実施していくことは難しくなります。

そして、治療の中断へとつながってしまうワケですね。

他部門との連絡・連携を行いながら、患者さんの受診の負担を少しでも軽減できるように、コミュニケーションを大切にしていきましょう。

 

そのためにも、病院によっては看護師の接遇研修などの取り組みをしているところもあります。

患者さんとのコミュニケーションから継続看護を実現し、患者さんから感謝の言葉をもらえると、とても大きなやり甲斐に繋がりますよ!!

 

【こちらの記事も合わせて読みたい】

⇒看護師の資格でできる仕事!病院以外で資格を活かす道は沢山ある!

スポンサードリンク


管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに
オススメの記事♪
↓ ↓ ↓


【キングダムネタバレ最新話の速報はこちら!!】

キングダムネタバレ最新話の速報!

考察+感想+予想を

管理人が独自レポート!

カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪


管理人のレゾ管理人のレゾ

知りたい情報を
クリック♪
↓↓↓