YouTubeなどで無料漫画の動画を探す前に知りたいオススメサービス( → 詳細はこちら )。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

吐きダコ とは 治し方 原因

看護師のナミ看護師のナミ

他のタコとは違って悩みが深い、

吐きダコについてわかりやすくお伝えします。

手の甲や手の平、手指などにできてしまい、目立つことが多い吐きダコ」。

最近は、有名人や芸能人の吐きダコが話題になっています(特に、河北麻友子さん)。

 

テレビを見ている時、「あれ、この人の手に吐きダコ」とあなたも気付いたことはありませんか??

 

今回は、吐きダコとは??」という基礎的な話から、

原因治し方まで看護師がわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

Q. 吐きダコとは??⇒ A. 嘔吐が原因でできる手のタコ

吐きダコ とは 治し方 原因

看護師のナミ看護師のナミ

物理的な原因は一般的なタコと同じです。

ネックとなる違いは、

吐きダコの場合は 摂食障害 とリンクしやすい点。

吐きダコは、手指を使った嘔吐を繰り返すことで、手の局所に歯が当たるなどの、外力や刺激が加わって発生するタコです。

自らの手指を使った嘔吐を繰り返すことが主な原因となっていることから、一般的に『吐きダコ』と言われていますね。

 

そして、基本的には、吐きダコは他の体の部位にできるタコと同じです。

たとえば、

  • 私たち一般人の足にもできてしまうタコ
  • 野球選手がバットのスイングで出来る手のタコ
  • 漫画家のペンダコ

などなどですね。

※タコは胼胝腫(べんちしゅ)と言い、基本的な詳しい説明は こちら。

 

しかし、吐きダコは 摂食障害 による過食嘔吐を繰り返すことが原因となって、手に出来てしまうタコなんです。

だから、先に結論だけをお伝えしておくと、

 

【先にかんたんな結論】

吐きダコの治し方は、“吐くという行為をまずは無くす” ことが先決。

もちろん、そのためにも摂食障害といった嘔吐の根底となる原因を解消するために、心のケアが最優先になるケースもよくあります。

吐きダコの原因・好発部位の詳しい解説

吐きダコ とは 治し方 原因

吐きダコは、「手の甲」や「手の内側」、「手指」などに “歯が当たることでできる” ため、足とは違って日常生活で目立ちやすいものです。

また、歯の当たる部位や当たり方は人それぞれ違いがあるため、吐きダコのできる場所にも個人差があるんですよね。

吐きダコは本人も気にしていることが多い

吐きダコは、前述したように手の目立つ部位にできるタコであるため、周囲の人たちに『吐きダコだ』と気付かれるのではないかと悩んでいる人も多いです。

 

しかし、タコをつくらないように、『嘔吐することをやめる』のが良いと『わかっていてもやめられない』といった、過食嘔吐などの摂食障害に悩んでいる場合も多くありますね。

そういったことに気がつかれるのを避けたい気持ちが強いのにも関わらず、吐きダコは本人の意に反して目立ちやすく、周囲に気がつかれやすいことに悩んでいる場合もあるのです。

吐きダコは周りに気がつかれることもある

吐きダコ とは 治し方 原因

吐きダコだと周囲に気がつかれることを本人が悩んでいるように、実際に周囲にバレることも多くあります。

 

最近では、有名人や芸能人の吐きダコも話題になっていて、注目を浴びているようですね。

こうした注目を集めている芸能人の吐きダコの真相は不明ですが、話題となって注目の的になりやすい。

最近も、テレビなどで視聴者の声で多いのが、河北麻友子さんの例 ですね。

 

もしくは、一般人の私たちのケースでは、周囲の友達や家族が気付くといったこともあるでしょう。

看護師のナミ看護師のナミ

デリケートな悩みですので、

相手の様子をしっかり把握してから

アドバイスしてあげましょう。

【合わせて読みたい記事】

⇒河北麻友子が太った?ヒルナンデスで顔のむくみ・二重あご?劣化でかわいくない?

⇒河北麻友子の細い足&ウエスト画像!美脚がヒルナンデスで話題!ダイエット法は?

スポンサーリンク

吐きダコは根治(完全に治すの)が難しく、改善を目指すのが多い

吐きダコ とは 治し方 原因

看護師のナミ看護師のナミ

治すのも難しい吐きダコの悩み・・・

タコの治療は、完全に治すことは難しく、目立たなくするといった改善を目指すことが多くなります。

主な原因となっている外的刺激を除去、軽減することが最も大切だと言われており、そのための対症療法や処置、指導などが行われますね。

 

それと同様に、嘔吐によって手や指にできた吐きダコの場合も、もともとの柔らかい手指に戻るには時間がかかり、完全に元通りにすることは難しいと言われています。

日常生活において、なるべくタコができないように気をつける『予防』をすることが大切になります。

吐きダコの治し方や改善方法

吐きダコ とは 治し方 原因

看護師のナミ看護師のナミ

メンタル面の対策も大切です。

吐きダコの主な原因となる『吐くこと』をやめ、手や指への外力や刺激が無くなる(減る)と、目立たなくなっていきます。

逆に言うと、吐きダコは、手指を使う嘔吐を繰り返して、歯が手指に当たっているうちは改善されないものなんですよね。

保湿クリームを使用するなどのハンドケアをしても、そもそもの外力や刺激を無くさなければ改善は難しいとされています。

 

しかし、過食嘔吐などの 摂食障害 がある場合などは、わかっていてもなかなかやめられないもの。

さらに、手指が痛くなってからはスプーンなどの『モノ』を使った嘔吐をする場合もあり、根本的な解決にはならないケースも多いようです。

 

そういった場合の吐きダコの改善には、専門家の介入も大切になってくるでしょう。

吐きダコの治療には専門家への相談も大切

吐きダコ とは 治し方 原因

ここまで、吐きダコの原因から治し方についてお話してきました。

吐きダコについてまとめると、

 

【吐きダコのまとめ】

  • タコは 胼胝腫(べんちしゅ) という皮膚の病気のこと
  • 局所への外力や刺激によって角質層が肥厚し硬くなるもの
  • 吐きダコは手で嘔吐するために歯が当たってできるもの
  • 元通りに治すことは難しいもののひとつ
  • 吐きダコの治療は完全な元通りではなく、改善を目指すことが多い

 

ということになります。

タコは、目立たなくなるといった改善を目指すことはできますが、完全に元通りとなるような根治は難しいものです。

 

スポーツ選手や職人の方、勉強や仕事でできたタコは、努力や専門性、かっこ良さの象徴などとなる場合もありますよね。

一方で、吐きダコは周囲から好奇の目で見られたり、気付かれて話題となったりすることもあるため、本人も気にしている場合があります。

これは、”普通のタコ” と “吐きダコ” の大きな悩みの違いですね。

 

しかし、過食嘔吐などの 摂食障害 が関わっている場合には、「わかっていてもやめられない」といった治療の難しさもあるため、悩んでいる人は専門医などへの相談も必要となります。

吐きダコの治療は、単純に局所・皮膚に発生した病変の治療というだけのことではなく、専門家によるココロの治療も関わることが多いものです。

看護師のナミ看護師のナミ

今回お話したことを参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【タコの基礎知識】胼胝腫(べんちしゅ)って何??

吐きダコ とは 治し方 原因

看護師のナミ看護師のナミ

吐きダコだけに留まらず、

タコ全般の基礎知識もまとめておきますね。

そもそもタコとは、「胼胝腫(べんちしゅ)」という名前

普段、私たちがよく耳にする『タコ』は、胼胝(べんち)腫という皮膚の病気です。

タコは、摩擦や刺激などの外力によって、角質層が極端に肥厚した状態となり、皮膚の表面が硬くなった状態のものです。

タコは治療に抵抗性があり、完全に元通りに治すことはなかなか難しいもののひとつ。

タコの好発部位:外力の加わりやすい場所

私たち一般人の間では、足(母趾球、小趾球など)がよく挙げられます。

タコの好発部位として、母趾球(ぼしきゅう:足の親指のふくらみ)、小趾球(しょうしきゅう:足の小指のふくらみ)など、足にできやすいのが特徴。

もちろん、それ以外の場所にも多く見られますが・・・

タコの原因:局所への外力や刺激

タコは、様々な要因が複雑に関連してできるものですが、主要な原因として一定の局所に長時間・間欠的な外力や、摩擦などの物理的な刺激が加わることによって発生します。

 

  • 足の場合は、骨格の問題や歩き方などの癖、履いている靴が合わないといったトラブルなど
  • スポーツ選手や職人など、いつも同じ場所に刺激を受ける動作など
  • 仕事や学業などで見られるペンダコなど

 

骨格や歩き癖、靴などの要因で足にできやすいんですよね。

特に、同じ動作による、局所への外力や刺激が繰り返されるケースです。

たとえば、スポーツ選手や職人の方のタコ、ペンの持ち癖などでできるペンダコなど、様々な原因でタコは見られます。

これらのタコは、私たちの日常生活の中でもそう珍しいものではなく、良く見かけるのではないでしょうか?

 

また、仕事や勉強、スポーツでできたタコなどは、

“努力や専門性、かっこ良さの象徴”

として見られることもあり、好奇の目にさらされたり話題になったりということはあまり聞きません。

 

これは、「吐きダコに悩む人達」と「他のタコの人達」の決定的な悩みの違いの1つですね。

タコの治療:主な原因の除去や軽減

吐きダコ とは 治し方 原因

タコを治療するときには、その原因となる外力や刺激の除去・軽減が最も大切であると言われています。

こうしたことから、次のような治療が行われます。

 

  • 外力、刺激の除去や軽減 ⇒ (足の場合は)正しい靴の選択、歩き方の改善など
  • 皮膚科では、削る、切除するなどの対症療法

 

これらのことの治療が行われたり、日常生活の指導を受けたりします。

たとえば、足のタコの場合などは合わない靴をやめること。

そして、自分に合った靴を正しく選んだり、歩き方を改善したりするといったことなども重要。

外力や刺激の除去の一環の積み重ねが、タコの改善に繋がりますので。

 

また、皮膚科では、特殊な貼付剤などを用いてタコの部位の角質を剥離する治療を行ったり、削るなどの処置を行ったりしますね。

 

しかし、外的刺激を受け続けていれば、一時的に柔らかくなったり削ったりしたタコも、再び発生してしまいます。

そのためも、外力や刺激を与えないように日常生活を改善することが、とても大切なことだとされているのです。

 

【おすすめ関連記事】

⇒摂食障害の特徴をチェック!見た目や食べ方で診断テストは可能?

スポンサーリンク


管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに
オススメの記事♪
↓ ↓ ↓




「人生ではじめての三国志なんだけど・・・」という人でも、キングダムなら歴史の知識ゼロでも余裕で楽しめますよ♪
▼ クリック ▼



スポンサーリンク