YouTubeなどで無料漫画の動画を探す前に知りたいオススメサービス( → 詳細はこちら )。

 

次シリーズは趙国をフルボッコ??

キングダム ネタバレ 642 642話 643 643話 最新 最新話 考察 感想 予想 確定 速報 画バレ 本バレ 休載 新シリーズ 次シリーズ 新章 次章

 

次の最新話「 キングダム642話 」のネタバレ確定速報は、いつから再開なのかというと、2020年6月4日(木曜日)に発売されるヤングジャンプ2020年No.27号までは【3号分の休載!!!】となります。

 

スポンサーリンク

 

そこで、キングダムの最新シリーズが始まるまでの間は、かな~りの時間が空いてしまうので、

などなど今後の展開について、まとめていきたいと思います。

 

そして、待ちに待った2020年6月4日にスタートとなるキングダム最新章シリーズでは、

  • 3人目の三大天である趙国・司馬尚(しばしょう)
  • 始皇帝暗殺未遂の燕国・荊軻(けいか)
  • 李斯(りし)と同じく法の化物である韓の韓非子(かんぴし)
  • 楚国の大将軍である項燕(こうえん)大将軍

などといった新キャラクター達のこれからの本格登場が大期待ですし、キングダム最新シリーズの再始動がめちゃくちゃ超楽しみですよね!!

 

\641話の表紙+グラビアは、まいやん/

キングダム ネタバレ 642 642話 643 643話 最新 最新話 考察 感想 予想 確定 速報 画バレ 本バレ 休載 新シリーズ 次シリーズ 新章 次章

→【キングダム641話:深刻な問題】を電子書籍で読む!!

スポンサーリンク

最新話:キングダムネタバレ642話確定以降の考察+漫画バレなし予想【KINGDOM】

羌瘣羌瘣

次回のキングダム642話以降の

ネタバレ考察予想をしていくぞ!!

李牧は鄴陥落の大失態で、

これから処刑されてしまうのか??

→『李牧の史実+今後の展開+最後』をクリックして読む

 

\ ネタバレ考察+予想まとめ /

→ 1.『史実年表とキングダムを比較!史実との違いや今後の展開~最終回を考察予想!』をクリックして読む

河了貂河了貂

キングダムと

史実年表を比較してみた!!

→ 2.『李牧の史実+今後の展開+最後』をクリックして読む

李牧李牧

わたしの最後は、

あっけない最期だった!?

→ 3.『王翦の史実+今後の展開+最後』をクリックして読む

王翦王翦

軍略の大天才である

怪物・王翦将軍は今後どうなる??

→ 4.『昌平君の史実+今後の展開+最後』をクリックして読む

昌平君昌平君

秦国総司令官である

昌平君の史実や、

今後の展開はどうなる??

スポンサーリンク

【李牧の最後を考察】最新話キングダム642話以降の今後の展開をネタバレ予想!!

李牧李牧

わたしの死亡(最後)は、

戦場ではなく、

あっけない最期。

ここでは、

 

キングダム642話以降の今後の展開

 

として、

 

【李牧の最後】をネタバレ予想していきます!!

 

最初に結論として、

 

李牧の死亡はまだまだ先の話!!

(新キャラの司馬尚とチカラを合わせて秦軍と共闘したあと・・・李牧処刑へと続くのでは)

 

だと思います。

スポンサーリンク

キングダムネタバレ642話以降の予想と考察【李牧の最後】

李牧李牧

わたしの最後について考察してみましょう。

信

おまえを倒すのはオレでありたいんだが、、、

【2020年5月現在】キングダム最新話では、李牧がもっとも強大な敵であり、

当面のラスボス的な存在(真のラスボスは楚の◯◯だと思いますが・・・)。

 

そして、一番気になるのが、信 VS 李牧の因縁の対決がどのような決着となるのか??

李牧は処刑で死ぬのか??

 

今回は、キングダム李牧最後ネタバレ予想しつつ、史実とも比較してみました。

スポンサーリンク

キングダム李牧の最後をネタバレ予想!!

信

おれが超えるべき存在!!

李牧李牧

あなたの刃が私に届くことはありません。

主人公・信がずっと倒したがっている李牧であり、ふつうの漫画のストーリーを考えれば、信が李牧を討つことをどうしても想像してしまいます。

信は李牧と会うたびに、「お前を倒すのはこのオレだ!!」といつも豪語していますからね。

 

ですが、超残念なことに、みんなもご存知かもしれませんが

 

「李牧の最後は

信に討ち取られる

ワケじゃない」

 

という可能性が高いんですよね。

スポンサーリンク

【考察材料】キングダム最新話642話まででわかっていること

河了貂河了貂

まずは、これまでにマンガで描かれた重要な情報をチェック!!

李牧の最後をネタバレ予想するにあたって、最重要となる考察材料が↓こちらですね。

悼襄王:

「鄴を失えば、貴様を切り刻むぞ、李牧

「貴様だけでなく、貴様につき従う一党もろとも、皆殺しだ」

「分かったな」

※キングダム48巻47ページの第517話「削り合い」より。

 

暁雲:「己の命を主に捧げる覚悟の忠誠ぶりは、この暁雲と趙峩龍によく似ている。」

「せめて願うのは、その先まで我らに似ることがなきよう・・・ということだ(暁雲は主である藺相如を若くして失っている)」

カイネカイネ

「あたしがこいつらみたいに主を失うと・・・李牧様を失うとっ!!」

※キングダム54巻44~45ページの第「十三日目」より。

やはり、李牧が処刑されそうな伏線が悼襄王のセリフからわかりますし、暁雲が見た夢からも李牧が早期に死ぬことが伺えますよね。

 

ただし、李牧の処刑は、

まだ先の話になるだろうと

予想されます。

 

史実では李牧の最後はどうなっているのか??

↓続いて、史実ベースの情報を確認していきます。

スポンサーリンク

【史実のエピソード】李牧は実在しており、最後(最期)も有名

李牧李牧

歴史に名を刻んだ名将ながら、最後はあっけない。

そして、わたしがよく愛用しているキングダム考察用の書籍では、李牧の最後が李信将軍によるものだとは書かれていません。

むしろ、もっと別のエピソードとして、李牧の最後は史実として有名なんです。

それは、

 

秦による反間の計(はんかんのけい)

※かんたんに説明すると、「李牧が趙国をゆくゆくは裏切って、秦国に与する(李牧が秦の仲間になる)ことで、その先に手厚く迎えられたいと画策している」という嘘を悼襄王に吹き込む作戦。

※この嘘を、秦国は郭開(かくかい、悼襄王のお気に入りの臣)に賄賂をわたすことで、李牧の裏切り説を悼襄王に伝え続けた。

※その結果、悼襄王は李牧を処刑することを決定する。

 

という結末ですね。

 

以上のように、

 

これまでに明らかになっている情報

史実を照らし合わせる

 

ことで、李牧の最後は戦場ではないことが分かります。

やはり、信の刃によって李牧が死ぬことはなく、処刑というアッサリとした最期なのでしょう。

スポンサーリンク

【結論】キングダム李牧は死ぬ or 幽閉されると私は予想!!

李牧李牧

戦場で死ぬのではないのですね…

ここまで書いてきた最新情報からわかるように、

  • 「李牧の最後は処刑によって死ぬかもしれない・・・という伏線が漫画にある(特に、悼襄王の発言)」
  • 「史実ベースの情報でも、李牧は反間の計によってハメられる」

というネタバレ予想ができます。

趙のバカ王・悼襄王が処刑を命じて李牧死亡が最有力

王翦王翦

最強の策士である王翦の賄賂工作!!

そして、キングダム48巻で強く印象に残っている、

悼襄王:

「鄴を失えば、貴様を切り刻むぞ、李牧

「貴様だけでなく、貴様につき従う一党もろとも、皆殺しだ」

「分かったな」

※キングダム48巻47ページの第517話「削り合い」より。

というシーン。

 

このシーンを読み返すたびに、李牧はバカな王様である悼襄王によって、無残な最後を迎える可能性がとても高いですよね。

 

しかも、「鄴を失えば・・・」と書かれていますし、キングダム最新話ではすでに鄴が陥落してしまいました。

 

これでは、

李牧に対する悼襄王からの

評価や心象は最悪になるでしょう。

 

そして、そんな李牧と悼襄王の悪化した関係を糸口として、秦国による反間の計が実行されていくはず。

 

特に、極めつけは、

キングダム607話+608話で、

李牧が王翦と対話を

してしまったこと!!

 

この時、李牧はできるだけ速く王翦軍を撃破して、趙国の命運が掛かっている鄴の解放を急ぐべきでした。

スポンサーリンク

しかし、李牧は呑気に、王翦との対話で舌戦をしてしまい、これは一刻を争う状態なのに痛いタイムロスですよね。

さらに、この舌戦では、王翦が単騎で出て来て、しかも趙軍の目と鼻の先にいました。

 

やはり、どれだけ「卑怯だ!!」と言われようとも、王翦1人に趙兵全員をぶつける命令を李牧は出すべきだった。

 

なのに、李牧も単騎で王翦の目の前に進み出て、時間が惜しい中、悠長に会話をしてしまった。

 

この行動は明らかに、“本気で趙国を守ろうとしているの??” と、悼襄王から疑問を持たれてもおかしくない。

おそらく、この李牧の呑気な行動を糸口として、王翦が反間の計を実現させるのでは??

王翦王翦

呑気に対話をしてきた李牧だ。

 

趙国を本気で守ろうとしていなかったし、

これは秦国から厚遇してもらうための行動だろう・・・

 

と、悼襄王に吹聴すれば反間の計ができそうだ。

 

最終的に、悼襄王の命令によって、李牧は秦軍に討たれるのではなく、仲間である趙国によって殺される最後となりそう。

李牧はどちらかと言うと、やさしい人間性であり、牧歌的なキャラクターです。

そのため、こんな最後で終わってしまうのは、とても可哀想ではありますね。

スポンサーリンク

最低でも幽閉 ⇒ 病死 or 自害はありえる

李牧李牧

悼襄王さえいなければ・・・

もしくは、処刑まではいかずとも、幽閉されるという展開もありそうです。

そして、李牧が幽閉されている間に、戦力が落ちた趙国は秦軍によって一気に打ちのめされることでしょう。

 

また、幽閉され続けることで、李牧は体調が悪化して病死 or 自害という形でのラストも考えられます。

 

原先生がどのような落とし所で、李牧の最後を描くのかが気になります!!

歴史に「もし」はありませんが、悼襄王がもっとまともな王様であったならば、李牧率いる趙国は秦国に負けていなかったかもしれませんね。

スポンサーリンク

【王翦の最強の国+ラスボスXXX】キングダム642話以降のネタバレ最新予想

王翦王翦

わたくし王翦の本性って、

どんな人物像なのだろうか??

昌平君昌平君

王翦の史実と、

ラスボス昌平君説がリンクする??

ここでは、キングダム王翦将軍の今後の展開として、史実から先読みしてネタバレ予想をしていきます。

 

現在のキングダム最新話からは “すごく離れた先のネタバレ予想” ですが、

 

ミステリアス過ぎる

王翦のキャラクター像

 

を掴むのにお役に立てるかと思います。

王騎王騎

同じ王一族として、

とても気になりますねぇ。

それでは、

 


  • 「キングダムの作中で、もっとも謎に包まれている王翦」
  • 「それでいて、実力も最強、且つ、底知れないチカラをもつ王翦」

 

について、私なりの考察とネタバレ予想をしていきますね。

スポンサーリンク

まず、

 

史実としてゼッタイに

抑えておきたい

王翦将軍の基礎知識

 

をお伝えします。

王翦王翦

早速、それは、

\【基礎知識】王翦の史実/


【王翦の史実その1】

秦国が中華統一を成し遂げるにおいて、王翦が一番活躍した武将である(主人公・李信よりも)。

  • まず、王翦は「若いときから兵法」を好き好んだ(『史記』の「王翦列伝」より)。
  • キングダムの作中でも確認できますが、「軍略の才だけで六将の席に割って入れる」くらい凄い。
  • しかも、知略型としてトップクラスの実力ながら、「本能型としての戦い方も一瞬で習得」するほどの才能。
  • 挙句の果てには、「認めざるを得ぬな、李牧。私と同じ怪物と。」というセリフさえも発言し、自らを怪物と称するほどのレベル。
王翦王翦

わたしが最上だ!!

 

【王翦の史実その2】

史実として、趙国の「李牧」を反間の計で葬った。

  • 『戦国策』に記述されている有名な「王翦 VS 李牧の史実」。
  • キングダム作中でも、李牧は【王翦と同じく怪物キャラ設定】であり、李牧は倒すのが難しい敵武将。
  • なので、史実通りに、今後の展開としては「李牧は反間の計で討ち滅ぼされる」はず。
  • 「李牧の最後(反間の計略)」についてのネタバレ予想は こちらをクリック
李牧李牧

朱海平原の戦いで、王翦のヘッドハンティング(日本語:人材登用)に従っていれば良かった。。。

 

【王翦の史実その3】

あの超大国・楚への侵攻の際、「60万兵を秦王政に要求」したが贏政に拒否され、しかも「引退勧告」も出された王翦は一度、隠棲する。

  • 王翦の60万兵が必要という主張に対して、「李信は20万兵で十分」と勇んで出陣する。
  • この史実がベースとなって、王翦は「ゼッタイに勝てる戦にしか興味がないキャラ設定」となったのだろう。
王翦王翦

まさかの王翦サマが引退だとぉ!!

スポンサーリンク

【王翦の史実その4】

李信の20万兵による楚侵略が大失敗に終わったため、贏政は何度も懇願して王翦を再復帰させる。

  • 王翦のカムバック条件は、「60万兵の動員+広大な領地(恩賞)」が条件であった。
  • この条件の下、李信の失態の尻ぬぐいへと、王翦が本格的に再始動する。
  • この史実からもわかるように、王翦は秦国の中華統一において、李信よりも、他の誰よりも最重要なキーパーソンであることは明白。
信

李信、調子に乗りすぎて大失敗!!

政

スマン、王翦!!

復帰してください!!

 

【王翦の史実その5】

史実として王翦は、楚へ移動する行軍中も、カムバック条件である多大な恩賞について5回も秦王政に確認の使いを送っていた。

  • 楚国の侵略に成功したら、「本当に例の広大な領地(恩賞)をもらえるのかどうか」を再確認するため。
  • それにしても、5回もの再確認を秦王政に送るとは、それだけ「確実にメリットがある戦いにしか興味がないキャラ」であることが伺える。
王翦王翦

絶対的なリターンが

見込めない戦いはやらんぞい。

 

【王翦の史実その6】

最終的に、王翦は蒙武らとともに楚国を滅ぼす。

  • 楚国は大将軍・項燕(こうえん)と、昌平君(しょうへいくん)が抵抗する。
  • 項燕は自害、昌平君は戦死の最後を遂げる。

⇒「ラスボス=昌平君説」については後述。

昌平君昌平君

まさかのラスボス??

呂不韋を裏切り、

始皇帝・贏政も裏切り、

圧倒的な裏切りキャラじゃんwww


 

ですね。

スポンサーリンク

それでは、もっと詳しく、

【A. 昌平君のラスボス説】が王翦の史実とつながる!!

→ クリックして読む

昌平君昌平君

まさかの秦国総司令官がラスボスだって??

 

【B. 王翦の最強の国+本性は??】ダークヒーロー兼トリックスターとして描かれるであろう、王翦という難解なキャラクター像を考察!!

→ クリックして読む

王翦王翦

わたしの本性はどんな人間か??

について、ネタバレ考察と予想をしていきます。

スポンサーリンク

王翦の史実とリンクする【昌平君=ラスボス説】のネタバレ予想

昌平君昌平君

裏切りキャラとして、

読者の心に大きな爪痕を残す??

王騎王騎

キングダムの最終回は、

最後の最後に大ドンデン返しが

待っていそうですねぇ。

それでは、【昌平君がラスボス説】についてですが、

 

まず、昌平君の史実として、

現在の総司令官のポジションから

いずれ左遷されます(始皇本紀より)。

 

恐らく、昌平君が左遷される理由として、私のネタバレ予想は、

 

「王翦と同じく、

60万兵が楚国の侵略に

ゼッタイ必要」

 

と主張したことが原因なのでは??

スポンサーリンク

昌平君は秦国の中でも、王翦と同じく1、2位を争う軍略の天才ですよね。

そんな昌平君ですし、王翦と同じような計算結果になる可能性が非常に高いでしょう。

昌平君昌平君

王翦に激しく同意!!

禿同です!!

政

昌平君、

じゃあオマエは左遷だ!!

だがしかし、王翦と同じ意見を出しことで、贏政から見放されて左遷されるのでは??

 

そこで、その状況を見た楚の大将軍・項燕が、

 

昌平君をヘッドハンティングして、

⇒ 楚王として擁立(ようりつ)する

※擁立とは、支持したり、擁護したりして、ある地位に付かせること。

※さらに、昌平君はキングダム作中でも描かれているように、元々は楚国の出身であった。

※ただし、楚国の王族の血を引いているかどうかは、キングダム作中ではまだ触れられていない。

 

という展開ですね。

スポンサーリンク

史実として、項燕が昌平君を楚王に擁立させたことは、既に分かっています(始皇本紀より)。

 

加えて、キングダム作中で既に語られている通り、楚国の考烈王はすでに崩御して他界していますよね。

現在は、李園(りえん)と媧燐(かりん)によって、楚国は立て直しを図られていますが、王様がいない空位となっています。

媧燐媧燐

今後のキングダムで鍵を握る媧燐サマだ!!

そして、秦国の中華統一という夢の実現のため、大枠の戦略を練ってきたのは今も昔も総司令官である昌平君です。

 

これだけ大きな功績で秦国や贏政に尽くしてきたのにも関わらず、左遷されてしまうのは超ヒドイ扱い。

 

しかも、中華統一を目の前にして、昌平君自身がその輪の中心に入れないのは・・・すごく腹立たしいコトでしょう。

 

この昌平君の不満や怒りを利用して、楚の大将軍・項燕が昌平君を王様に擁立するんじゃないかなと。

スポンサーリンク

昌平君昌平君

こんなに頑張ってきたのに、

左遷はまぢ無いぜ!!

つまり、キングダムのラスボスは、

 

昌平君を王とする楚国

+大将軍の項燕

 

でクライマックスなのでは??

 

そして、凄く悲しい展開ではありますが、

 

呂氏四柱になる以前から

ずっと戦友だった蒙武と、

最後に戦う展開になるだろう・・・

 

という何とも悲しい結末がネタバレ予想されます。

 

加えて、マンガの展開として盛り上がりそうなのが、昌平君と蒙武の一騎討ち。

 

幼き頃は昌平君のほうが蒙武よりも強かったエピソードが有名ですが、まさかの最後の最後に蒙武によって昌平君が討たれる展開になるかもしれませんね。

蒙武蒙武

まさかの戦友・昌平君と、

蒙武が最後にバトルするかも。。。

スポンサーリンク

【ダークヒーロー兼トリックスター】王翦の史実+最強の国+難解キャラ

王翦王翦

王翦は一体、

いつも何を考えているの

だろうか??

そして、楚国の侵略に際して、嬴政が王翦の60万兵の要求を棄却したエピソードでは、

 

やはり、王翦による

謀反(クーデター)を

疑ってしまうから

 

というのも大きな理由でしょう。

政

60万兵も王翦に預けたら、

クーデターが怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

しかも、贏政にとってみれば、「物語序盤から一緒に頑張ってきた李信の20万兵に賭けてみたい」という気持ちも強いでしょう。

それで、王翦の60万兵の提案を蹴る展開になりそうですね。

スポンサーリンク

ここで、王翦が楚への行軍中に、5回もの使者を立てて恩賞の確認を入念に行った件ですが、

 

嬴政に対して、

「クーデターを起こさないですよ。

恩賞さえもらえれば私は大満足です。」

 

というアピールもしたくて、使者を5回も送って再確認をしたという見方が濃厚です。

 

さらに、王翦が「ガチで王様になりたい」という前提が成り立つのであれば、楚国の侵略後にそのまま秦国に謀反を起こすのがベストです。

 

やはり、楚国という大国を倒した後のほうが、中華統一をしやすいですからね。

 

つまり、王翦が恩賞の再確認をしまくることで、秦王政に「謀反はしませんよ」とアピールして安心させつつも、

 

楚国を攻略したあとにそのまま返す刀で秦王政に向かって逆走し秦王政を滅ぼす算段です。

王翦王翦

楚国さえ潰せば、

あとは秦国をわたしが乗っ取り、

最後の斉を攻め亡ぼせば

中華統一王になれる!!

 

しかし、王翦は史実として、

クーデターを起こしていません。

 

なので、

  • 「1. 確実にクーデターを成功させる条件が整わなかった説」
  • もしくは、「2. 王様になりたいという意味合いがちょっと違う説」

という2つの説が考えられます。

スポンサーリンク

もちろん、王翦が「ガチで王様になりたい」という前提があるのであれば、絶対に勝てる戦しか興味がない王翦だけに、

 

「確実にクーデターを

成功させる条件が

揃わなかった説」

 

が一番濃厚です。

 

王翦王翦

ヘッドハンティングには大きなメリットがある!!

加えて、王翦が戦争に行くたびにやっている敵武将のヘッドハンティングには、

 

【敵兵の人材登用のメリット】

  • 秦国や秦王への忠誠心がゼロの状態で仲間にできるので、将来、クーデターをする際に躊躇なく命令を聞きそうで便利。
  • なので、敵兵を仲間にできるチャンスだからこそ、秦王政からの出陣命令を喜んで承っている(もちろん、王翦はその気持ちを “表情には出さない” )。
  • つまり、王翦にとって出兵は、敵軍のヘッドハンティングをする狩場であり、いつかクーデターを起こすための準備でもある。
  • さらに、戦争で活躍すれば、論功行賞で大きな資金を得られるので、それをベースに多くの家来を厚遇できるメリットもある。

 

という具合ですね。

スポンサーリンク

このように、

 

【秦国へのクーデターに

躊躇がない元敵国兵】

【配下の武将を厚遇する

ための資金作り】

 

という狙いがあるのかなと。

 

そして、王翦が考える最強の国について、私なりにネタバレ予想をしておくと、

 

圧倒的な武力をもつ国をつくることで、

他国の抑止力を極大まで高めて、

戦わずして勝てる最強の国

 

だろうと考察していますね。

王翦王翦

わたしの理想の最強の国とは??

やはり、王翦は幼き頃から兵法に明け暮れた人物ですし、キングダムの作中でも怪物キャラ設定かつ、圧倒的な戦争の強さを誇っています。

なので、王翦の最強の国とは、武力を異常なまでに高めた国作りじゃないかなと。

 

ちなみに、王翦が李牧をヘッドハンティングする際、「全く新しい最強の国」という言葉を発しました。

このとき、近くにいた田里弥や倉央らの反応からは、驚いた様子が一切ありませんでした。

 

キングダム608話「中央軍の勝ち目」では、

 

田里弥&倉央:「・・・・・・」

 

という汗もかかず、押し黙るリアクションでしたよね。

なので、王翦の幕僚たちには、クーデターの話は耳に入ってるんじゃないかと・・・

 

王翦が本当にガチで王様になりたいのであれば、以上のようなモチベーションで動いているのではと、私は考察しています。

 

ですが、キングダム作中で、

王翦のセリフには

不可解な点が1つあります。

王翦王翦

領土を「くに」と読んだ過去アリ。

スポンサーリンク

それは、

 

「自分の領内(くに)には、強い男が必要」

 

という発言です。

 

キングダム21巻67ページ第221話「裏の裏」を読み返していただくと分かるのですが、

 

【国】という表現ではなく、【領内】という表現を使っていた件ですね。

 

この事実から、

 

「本当に王翦は、

王様になりたいの

だろうか??」

 

という疑問が浮かびませんか。

 

秦国内にある自分の領土を「くに」と表現していることから、【領土主=王様】と表現しているだけであって、本来の王様の意味ではないのかもしれません。

 

つまり、王翦は国の王様になりたいのではなく、領土内に限って「自分が最上(領土主)」であれば満足という夢じゃないかなと。

そして、王翦の直下軍さえ最強の軍事力を持っていれば、たとえ秦国が滅ぼされそうになっても自分の領地だけは守り抜けそうですしね。

 

しかも、王翦は「国をつくる」という発言はしていますが、「王様になりたい」というセリフは一度も吐いていません。

なので、「王様になりたい」という説は、王翦に対する悪い噂であって、王翦自らの言葉ではないのかもと。

王翦王翦

馬鹿の下で頑張っても

報われないゾ!!

さらに、李牧をヘッドハンティングする際、

 

「バカ(悼襄王)の下で働くのは虚しくないか??」

 

という言葉を李牧に投げかけた王翦です。

 

それに対して、鄴攻めの序盤では、昌平君が最初にさずけた策を順従にこなしていた王翦。

つまり、王翦は、現在の【秦国トップである嬴政+昌平君+昌文君たち】をある程度認めているだろう・・・と考察できますよね。

スポンサーリンク

以上のように、「秦国内の自分の領土を国、その主を王様という言葉で表現しているだけ」という説もあり得るんじゃないかと。

 

「王様になりたい」というのは、王翦に対する悪口や噂に尾ひれがついた感じで蔓延ってしまっただけで、王様願望はそこまで無いのかもしれませんね。

 

そして、このように、

政

王翦は最強の武器でありながら、

謀反の恐れもある厄介キャラ。

  • 王翦は秦国最強の武将であり、中華統一の最大貢献者である。
  • そんな秦国の最強エースでありながら、クーデターもチラつかせる危うさもある。
  • この諸刃の剣なキャラ設定によって、キングダムのマンネリを防ぐことができる。

という人物像として、今後のキングダム王翦が描かれていくのではないでしょうか??

 

つまり、今後の王翦の役割と、マンガが面白くなる要素として、

 

\ 王翦の今後のキャラ展開 /


【1】王翦と李牧が作中では怪物設定となり、「戦争で負ける or 苦戦するシーン」が描きにくくなった。

王翦王翦

どうしても無双してしまうだろう。

【2】これは、王翦がいれば戦にゼッタイ勝てる漫画設定であり、今後のキングダムでは、秦軍がひたすら六国を滅ぼして回る単調なストーリーになりがち。

 

【3】だけど、王翦は “敵六国からは最強の武将” として恐れられながらも、クーデター疑惑をチラつかせることで “対秦国にも最強の敵” として描ける。

政

ダークヒーローにして、

トリックスターな王翦。

【4】つまり、戦いは敵国領土内の戦場だけでなく、王宮内での「贏政 VS 王翦の心理戦」という展開になっていくと面白そう。

 

【5】そのため、王翦は【贏政にとって最強の諸刃の剣】として、ダークヒーロー&トリックスター的な位置づけで、キャラデザインされていきそう。

王翦王翦

最後まで本性は明かさないかも。

【6】また、王翦のホンネや本当の気持ちが一切描かれることなく、「何を考えているんだ、コイツはwww」という意味不明キャラを敢えて押し通すことで、読者の疑問がずっと残り続けて次の話が気になってしょうがなくなる。


 

ですね。

スポンサーリンク

なので、王翦の本性は、キングダム全編にわたって、謎に包まれたままになる可能性も高い。

 

ちなみに、王翦が楚国を滅ぼす時の史実として、

 

せっかく60万兵も用意したのに、

なかなか楚軍を攻めなかった

史実のエピソード

 

があります。

 

これには諸説があり、用意した60万兵は60万兵であっても、兵士としては使えないシロウト兵士の烏合の衆であった。

そのため、練兵に時間をあてるためにも、楚軍を攻めなかった説が濃厚です。

 

そして、この史実エピソードを利用すれば、「なぜ、王翦は楚軍を攻めないのか??」と秦王政がヤキモキするシーンを描けます。

つまり、最後の最後まで、王翦が秦国【贏政や昌文君たち】を翻弄する感じですね。

 

このように、原先生が生み出す王翦というダークヒーロー兼トリックスターによって、キングダム読者達も最後まで翻弄されることでしょう。

 

空前絶後の意味不明キャラ、

王翦の本性というのは、

神のみぞ知る(作者のみぞ知る)

という感じですね。

王翦王翦

王翦というキャラが

今後の展開で一番気になる!!

スポンサーリンク

管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに

オススメの記事♪

↓ ↓ ↓

「人生ではじめての三国志なんだけど・・・」という人でも、キングダムなら歴史の知識ゼロでも余裕で楽しめますよ♪

▼ クリック ▼



スポンサーリンク

最新話:キングダムネタバレ641話の確定速報【考察+感想+漫画バレなし解説】

キングダム ネタバレ 642 642話 643 643話 最新 最新話 考察 感想 予想 確定 速報 画バレ 本バレ 休載 新シリーズ 次シリーズ 新章 次章

信

信がついに李信に改名。

鄴攻め編では、

龐煖+趙峩龍+岳嬰の首を

討ち取ったし

将軍への昇格が確定!!

キングダム641話の最新話確定速報では、

  • 信が将軍に昇進となる。
  • さらに、漂(ひょう)が王宮に使えていた時、名前は李漂(りひょう)だったことが判明。
  • ちなみに、漂の姓を決める時、政がよく好んで食べていた李(すもも)から「李(り)」の文字の採用を決めたとのこと。
  • そのため、信も漂にならって、名前を李信(りしん)に改名。
  • まさかの李信という名前の由来は、スモモだったとは(李牧サマとは無関係だった)。
  • とくに、李信として武名を刻めば、信+漂の2人の名前を歴史に残せることがモチベーションにもなる。
  • この李信将軍の誕生ストーリーは、史実 の要素ではなく、キングダムオリジナル要素でしょうね。
  • ちなみに、オマケですが、信の新居がメチャクチャ豪邸に仕上がってた件(あのほったて小屋も残ってるw)。
  • 信の新しい家を建てたのは、大工さんでもある飛信隊の古参メンバー田有(でんゆう)のところ。
政

そう、将軍になるには

姓が必要なのだが、

信は下僕上がりで

名前の「信」だけだったのが大問題。

そして、次回のキングダム642話は、新シリーズの設計のためになんと3号分の休載となります。

 

いつから再開されるのかと言うと、2020年6月4日(木曜日)発売のヤングジャンプ27号に掲載となります。

 

最新の次シリーズがはじまるまで、

電子書籍でキングダムを復習しよう!!

→【キングダム641話:深刻な問題】を電子書籍で読む!!

スポンサーリンク

李牧李牧

キングダム642話以降からは、

李牧の死亡フラグが

濃厚となっていく!?

→【キングダム641話:深刻な問題】を電子書籍で読む!!

→【キングダム641話ネタバレ】最新の戦局図解+解説をよむ!!

 

→【キングダム642話:李牧の最後】リーボックは今後どうなってしまうのか??のネタバレ考察予想を読む

 

【キングダム最新刊:57巻の続きはこちら】

→ キングダム58巻【625話~635話】はこちらをクリック

→ キングダム59巻【636話~646話】はこちらをクリック

スポンサーリンク

管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに

オススメの記事♪

↓ ↓ ↓

「人生ではじめての三国志なんだけど・・・」という人でも、キングダムなら歴史の知識ゼロでも余裕で楽しめますよ♪

▼ クリック ▼



スポンサーリンク