YouTubeなどへの無断転載( 詳細はこちら )。

 

龐煖龐煖

武神サマが

登場ですよ~~~!!!

キングダム612話「答えを持つ者」の

ネタバレ考察感想レビューです!!

 

一度、姿を消した龐煖が、

朱海平原の中央に降臨!!

 

しかも、何やら李牧との約束が20年も前からあるようで、めちゃくちゃ気になる!!

李牧李牧

李牧と龐煖の関係とは一体、何なのか??

スポンサードリンク

【最新話確定】キングダムネタバレ612話の考察+感想まとめ!

2019年8月29日(木曜日)に発売された、

最新話キングダム612話:答えを持つ者」のネタバレ確定では、

 

ついに、龐煖が登場しましたっ!!

 

ちなみに、龐煖が摎(きょう)を倒す前から、龐煖と李牧が出会っていた説が濃厚です。

紀元前256年に「李牧と龐煖が出会い」、この3年後の紀元前253年に「龐煖が摎の命を奪う」が、王騎将軍にボコボコにされたという歴史。

 

最新話キングダム612話で、李牧いわく、

李牧李牧

龐煖と私が約20年前・・・

初めて会った時に

かわした約束。

の下りですね。

→ 年表など詳しくはこちらをクリック

 

一方で、飛信隊も金毛軍とのバトルを開始し、挟撃へと動けるか!?

信

李牧、龐煖と仲良く

首を洗って待っていやがれ!!

それでは、

▼ もくじをクリック ▼



 

を書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

▼ もくじをクリック ▼


→ 1.「進撃しまくる糸凌!!」をクリックして読む

王翦王翦

糸凌(しりょう)よ、

李牧を討ち取れぃ!!

→ 2.「龐煖さん、ついに御降臨!!」をクリックして読む

龐煖龐煖

待たせたな!!

(メタルギアソリッド風)

→ 3.「龐煖 VS 糸凌にはならず・・・」をクリックして読む

王翦王翦

糸凌でさえも震え上がる、

龐煖の禍々しい武。

→ 4.「李牧と龐煖の対話」をクリックして読む

李牧李牧

ホウケンさん、

お帰りなさいませ。

→ 5.「飛信隊 VS 金毛軍」をクリックして読む

信

金毛軍なんか

蹴散らしてくれる!!

→ 6.「亜花錦リブート!!」をクリックして読む

王賁王賁

オレ氏は休憩中。

スポンサードリンク

キングダム612話ネタバレ確定その1「進撃しまくる糸凌!!」の考察と感想レビュー

王翦王翦

糸凌を止められる武将は

なかなか居ないだろう。

先週の「 611話 」の続きで、キングダム612話では、

 

糸凌がガンガン李牧軍に攻め込む!!

 

この勢いのまま、

王翦軍の勝利フラグが濃厚だ!!

 

という雰囲気MAXな展開。

 

両剣を「ウゥウンっ!!」と唸らせて、バッタバッタと趙軍兵士たちを斬り伏せていく糸凌。

 

まぢで糸凌サン、

超TUEEEE!!!!

 

いやいや、糸凌さんの強さって、羌瘣を大きく上回るのは確定でしょう。

さらに、主人公・信以上に、突破力があるかもしれないチートキャラですwww

信

オレより強いかもしれない。。。

王賁王賁

もちろん、オレも危うい・・・

糸凌は、体格も信や王賁より巨体ですし、二刀流で攻撃も防御も欠点がなさそうな件。

 

むしろ、大矛をぶん回す信の場合は、どうしてもスキが生まれるので糸凌のほうが信より最強かも。

カイネカイネ

李牧様は、

私が御守りします!!

そんな糸凌の武のヤバさに気付いたカイネは、部下の兵達を引き連れて李牧のディフェンスへと走る。

 

あまりにも爆速スピードで暴走する糸凌であり、カイネの部隊は時間的に間に合わなさそうな戦況。

 

この一刻を争う事態に、カイネの表情にも非常に大きな焦りが滲み出ます。

一方で、糸凌の表情はというと、

 

まさしく 、

THE COOL BEAUTY

を決め込む!!

 

という体力的にもまだまだ余裕がある様子が伺えます。

果たして、カイネは糸凌のバケモノじみた突撃に間に合い、ストップを掛けることができるのか??

 

たとえ間に合っても、

 

カイネの武力では

糸凌サンの凶刃で

餌食になるのでは??

 

しかし、趙軍・総大将である李牧ですし、

 

自分の命を賭けてでも

李牧を守ると過去に

コミットしていたカイネ。

 

全力疾走で糸凌のもとへと騎馬隊をリードしていきますが・・・

カイネカイネ

どうにか間に合え…

スポンサードリンク

キングダム612話ネタバレ確定その2「龐煖さん、ついに御降臨!!」の考察と感想レビュー

龐煖龐煖

ホウケン大降臨!!

・・・だがしかしっ!!

 

なんと、このタイミングで、

 

龐煖が大矛を

ブン回して降臨!!

 

ドゥーンっ!!!!

 

しかも、秦軍の兵士達をたった一振りで複数人も葬り、

 

武神・龐煖の強さが

まぢでTUEEEE!!!!

龐煖龐煖

(ドヤ顔)

加えて、大矛も勢いでネジ曲がっていますし、やっぱり、龐煖サンは強すぎぃwww

 

この突然の状況に、

 

カイネは顎が外れる

勢いで唖然とする!!

カイネカイネ

Wow!!!!

逆に、糸凌サンは人生初の武神様を拝み、顔が真っ青になる!!

 

やっぱ、ホウケンは

超TUEEEE!!!!

 

秦軍の兵士達がまさに人形のオモチャのごとく、

 

バッサリ!

バッサリ!!

バッサリ!!!

・・・と斬り刻んでいく!!

 

そんな龐煖をみて、さすがの糸凌も突進がストップ。

だけど、この場で龐煖と渡り合える存在は、糸凌サンしかいません。

 

そこで、糸凌サンが勇気を振り絞って、

糸凌が龐煖の前へ騎馬を進める!!

王翦王翦

死ぬなよ、糸凌。

スポンサードリンク

キングダム612話ネタバレ確定その3「龐煖 VS 糸凌??」の考察と感想レビュー

しかーしっ!!

 

龐煖がここで、

 

龐煖龐煖

「ヴォォォォオオオオ!!!!」

※頭おかしくなったんかコイツwww

 

と爆音で叫ぶ。

 

この咆哮によって、秦軍も趙軍も縮み上がるほど。

 

もちろん、馬もすべてビックリ仰天するほどの龐煖の雄叫び。

糸凌の愛馬キヤパさえも、取り乱すほど。

 

まさに、

ワンピースで言うところの、

覇王色の覇気みたいなイメージ。

 

だがここで、

龐煖はなんと李牧がいる

趙軍本陣へと騎馬を進める!!

龐煖龐煖

ドガラッ!!

李牧はどこだ??

一方で、カイネ隊は、龐煖の咆哮によって勢いが止まった糸凌チームを撃退するために攻撃を仕掛ける!!

 

もしかすると、龐煖がこの場を立ち去るので、

 

「カイネ VS 糸凌の一騎討ち」

 

が実現するかも??

 

ただし、次の戦略を立てるために、倉央の元へ後ろに下がろうとする糸凌。

王翦王翦

糸凌、カムバック!!

 

しかし、カイネ隊は、

背を見せる糸凌たちを

そう簡単には見逃さないはず。

 

羌瘣 VS 幽連(ゆうれん)のタイマン以来、女性同士の一騎討ちが滅多にないキングダムですので、オンナの闘いに大期待!!

カイネカイネ

GIRL’S 一騎討ちなるか??

スポンサードリンク

キングダム612話ネタバレ確定その4「李牧と龐煖の対話⇒武将化」の考察と感想レビュー

李牧李牧

私もお話したかったですよ、ホウケン。

龐煖龐煖

(*´ェ`*)ポッ

さて、李牧の陣に歩を進めた龐煖ですが、

 

ここで最重要な

李牧と龐煖の対話がスタート!!

 

非常に興味深い内容の対話ですが、簡潔にまとめると、

 

\ 李牧と龐煖の約束 /


  • 李牧と龐煖の関係には、初めて会った時に交わした約束があること。
  • そして、李牧の役目は、龐煖の求める答え(王騎将軍の強さの謎についてだろう)へと、李牧が龐煖を導く役割。
  • さらに、龐煖が摎を倒し、その直後に王騎が龐煖を倒す以前から、李牧と龐煖は早くから出会っていた!!

 

です。

 

特に着目すべきは、

 

李牧と龐煖の出会いは、

摎&王騎将軍との戦いよりも

以前の話だった!!

 

ですよね。

 

さらに、龐煖にとって、

李牧は【答えに導く者】だということ。

→ キングダム612話(ヤングジャンプ2019年39号掲載)を電子書籍でもう一度読む

 

ここで、皆さまに再確認していただきたいのが、

 

\ 龐煖とリーボックの馴れ初め年表 /

紀元前253年:摎(きょう)が龐煖に討たれる。その直後、龐煖が王騎将軍にボコられる。

王騎王騎

ボコボコにしてやりました!!

↓この9年後(紀元前では古い時代ほど数字が大きい)。

紀元前244年(始皇3年):王騎将軍が龐煖に討たれる。信が王騎の矛を受け継ぐ。

龐煖龐煖

リベンジ!!

↓この3年後。

紀元前241年(始皇6年):合従軍編。

信

信がクライマックスで龐煖を撃退する!!

↓この5年後。

紀元前236年(始皇11年):キングダム612話現在(鄴攻め編)

李牧李牧

李牧が20年前の約束について、龐煖と対話する。

 

※参考:公式ガイドブック「 キングダム英傑列紀 」「 キングダム覇道列紀 」より。

キングダム46巻 135ページより、現在の鄴攻めは始皇11年だとわかる。

 

⇒ 現在が紀元前236年(始皇11年)なので、

今から20年前の龐煖と李牧の出会いは、

紀元前256年の出来事となります。

王騎王騎

リボクさんとホウケンさんは、

ずっと昔からBLだったんですね。

⇒ なので、

龐煖と李牧が出会って3年後、

紀元前253年に龐煖が摎と戦い、

同時に王騎将軍に

フルボッコされたことになる。

というのが、キングダムのストーリー年表における事実であること。

 

↑この史実年表(※キングダムの物語での設定)からわかることは、

 

摎や王騎将軍(1回目)と戦う以前に、

李牧と龐煖はすでに出会っていた!!

 

しかも、その時からずっと20年間、【李牧=龐煖の答えを導く者】だったということ。

 

もしかすると、20年前に李牧と龐煖が出会ったとき、一騎討ちをしたのかもしれません。

そして、戦いに破れた龐煖は、李牧の強さの謎を求めたのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

ここで、李牧というキャラクターは、

 

\わたしが思う李牧というキャラ/


  • 李牧は、才能と実力もトップクラスながら、人間性も素晴らしい出来杉君キャラ。
  • ただし、これは「趙国の人間から見れば」という意味で、ついていきたい上司的なキャラですよね。
  • 同時に、知略型と本能型をあわせ持つエリート李牧兵を育てたように、“李牧は人を育てるのも得意” です。
  • なので、龐煖に欠けている “人としての部分” に気付かせるという意味で、答えを導く者(メンター)としての役割を担おうと20年前に決めたのかもしれない。
  • これは、龐煖を人として成長させることで、“活人剣的に” 龐煖がもつバケモノ級の武力を世の中に活かせるようにするためなのでは??
  • そして、キングダムは想いのチカラ補正によって、キャラの一騎討ちなどのパラメーター補正が掛かります。
  • つまり、李牧が龐煖を人として成長させて導くことで、龐煖が自身の武を活人剣的に使えるようにしてあげたいのでは??
  • そうすれば、王騎将軍などみたいに想いのチカラ補正も加わり、龐煖は本来のポテンシャルを大きく凌ぐ強さを手に入れられます。
  • このように、龐煖が人としての大切さ(答え)に気付けるように、ちょうど20年前、李牧が龐煖を導く者になろうと決めたのかも。

 

また、過去に龐煖との一騎討ちで李牧が勝っているならば、李牧が武勇を兼ね備えたバケモノであるという設定にも合点がいきます。

 

キングダム24巻 にて、信が李牧と一騎討ちで刃を交えましたが、その際に垣間見えた李牧の腕は、

 

よりベテランな王騎将軍よりも、

李牧の腕には多くの古傷があった。

※王騎将軍の腕と、李牧のキズを比較すると、明らかに李牧のほうが傷が多い件www

 

河了貂がビックリするくらい、

筋肉も超モリモリ&ゴリゴリしていた。

 

という描写がありました。

 

なので、李牧が20年前に龐煖とタイマンをして、勝っていたというエピソードがあるかもしれませんね。

昌平君が幼き頃、あの蒙武よりも強かったという設定と似ていますが。

 

ただし、龐煖が探している “答えを現在持っている人間” は、

 

ズバリ、龐煖が目指すべき

答えは飛信隊・信である!!

 

のが現状です。

 

また、先ほども書きましたが、

 

龐煖が自分の圧倒的な武を

活人剣的に使うようになる!!

という人間的成長が予想されます。

 

過去のキングダムでも、

蒙武蒙武

オレと同じように

龐煖も武将化する??


  • あれだけ悪ガキだった成蟜(せいきょう)が、人間的に大きく成長したという事例。
  • 羌瘣(きょうかい)も最初はスーパー内向的だったが、外へと向かう気持ちを持つようになった事例。
  • 蒙武(もうぶ)も王騎将軍の死後、これまでの言動が激変して、武将として成長をした事例。

 

などなど、キングダムの醍醐味は何と言っても “人としての成長” です。

王騎王騎

龐煖さん、ようやく

大事なことに

気付けますかぁ??

以上のように、やはり、今回の朱海平原での「信 VS 龐煖の一騎討ち」では決着が付かず、

 

「龐煖が人としての

成長に目覚めるっ!!」

 

「つまり、龐煖が

武将化するかも??」

 

という展開で朱海平原の戦いの結末ラストになるかもしれませんね。

スポンサードリンク

キングダム612話ネタバレ確定その5「飛信隊 VS 金毛軍」の考察と感想レビュー

キングダム 612 613 612話 613話 ネタバレ 確定 速報 最新 最新話 考察 感想 予想

信

金毛軍との衝突はどうなる??

そして、ここでカメラが朱海平原の中央から、飛信隊がいる少し右翼側のシーンに切り替わります。

 

前回の「 キングダム611話 」では、金毛軍と衝突する手前で終わりましたが、その続きはどうなっていくのか??

 

隊長の信を筆頭に、

副長・楚水(そすい)、

歩兵の尾平(びへい)の戦闘シーン。

 

わたしの個人的な感想ですが、

 

一番付いていきたい、

最も頼れるオトコ、

中間管理職=楚水(そすい)さんの

コマがめちゃくちゃ嬉しい。

 

しかし、一方の金毛軍も負けじ劣らず、

 

「慶舎様の

カタキじゃぁああああ!!!!」

 

と士気MAXで迎え撃つ。

 

そして、

金毛の両腕ともいえる精鋭兵

「高月(こうげつ)」「多月(たげつ)」の

2人が出陣!!

 

これまた、趙峩龍を討った時と同じく、強敵2人組「高月&多月」が信に攻撃を仕掛ける。

基本的に趙軍は、信をみたら精鋭ツーマンセル(2人組)をぶつけるケースが多いですね。

やはり、これは李牧からの入れ知恵でしょうか??

 

もちろん、デフォルトの実力的には、

 

金毛軍 <<< 飛信隊

 

なのですが、

 

なんと、

金毛軍の兵士達には、

李牧の直下兵さえも

編み込まれているというwww

李牧李牧

つまり、

知略型と本能型を兼ね備えた、

あのエリート李牧兵たちですね。

 

果たして、

飛信隊は金毛軍を

撃破できるのか??

河了貂河了貂

金毛軍なんか

余裕だと思っていたけど・・・

もしくは、途中で龐煖が李牧の位置 ⇒ 金毛軍へと割って入り、

 

ついに、

クライマックス最終

ファイナルカード!!

 

が実現して、信 VS 龐煖の殴り合い一騎討ちになるかもですが・・・

羌瘣羌瘣

信、がんばって!!

(๑•̀ㅂ•́)و☆

スポンサードリンク

キングダム612話ネタバレ確定その6「亜花錦リブート!!」の考察と感想レビュー

王賁王賁

玉鳳隊は、

オレが休憩中で

動けないが・・・

ここまで書いてきたように、金毛軍に割と苦戦してしまっている、飛信隊+亜光軍A。

 

一方で、飛信隊の後方で待機している亜光軍B(段茶大将代理+亜花錦)はというと、

キングダム 612 613 612話 613話 ネタバレ 確定 速報 最新 最新話 考察 感想 予想

という状態(馬南慈軍への対応)で、なかなか自由には動けなさそう。

 

だがしかし、

 

ここで、

段茶大将代理の命令で、

亜花錦が騎馬隊を

連れて動き出す!!

キングダム 612 613 612話 613話 ネタバレ 確定 速報 最新 最新話 考察 感想 予想

しかも、亜花錦は、

亜光軍Bの半分の戦力を引き連れ、

飛信隊+亜光軍Aをサポートする戦略。

 

そして、この亜花錦隊が

飛信隊側へとダッシュで向かう!!

王賁王賁

オウホンの玉鳳隊は

お休み中なう♪

 

これだけ大きな加勢があれば、金毛軍を飛信隊+亜光軍で撃破できるはず。

しかし、ちょうど金毛軍を撃破した後は、龐煖がシナリオ通りに出てくるのでしょう。

 

加えて、馬南慈軍のせき止めに用意していた亜光軍Bは、戦力が半分になってしまう。

もしかすると、段茶大将代理が馬南慈によって、討ち取られるかもしれませんね。

 

ワンチャン、段茶大将代理の死亡フラグです。

 

・・・というシーンで、キングダム612話が終了。

 

スポンサードリンク

 

そして、2019年9月5日(木曜日)発売の

▼ キングダム613話へと続きます。

 

ここ数週の最新話の

ネタバレ復習は

↓こちらをクリック!!

 

スポンサードリンク


管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに
オススメの記事♪
↓ ↓ ↓








【キングダムネタバレ最新話一覧(確定&予想)はこちら!!】
キングダム ネタバレ 最新 最新話 確定 速報 予想 史実 今後の展開 考察


カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪



スポンサードリンク