YouTubeなどで無料漫画の動画を探す前に知りたいオススメサービス( → 詳細はこちら )。

 

キングダム ネタバレ 627 627話 最新 最新話 考察 感想 予想 確定 速報 画バレ

キングダム627話「道の行方」の

ネタバレ考察感想レビュー!!

 

龐煖がまぢで死亡!!

信

ついに、信が

天下の大将軍としての

第一歩を踏み出す!!

 

キングダム最新話627話の

考察&画バレなし感想レポートまとめ!!

スポンサーリンク

☆「龐煖、死亡」の神回!!

キングダム627話の漫画

スマホやPCで読むなら・・・

→【eBookJapan】でキングダム627話を読む!!

龐煖龐煖

キングダムシリーズの

巨塔キャラ、

龐煖が死ぬシーンを

2020年の年末年始に絶対読むべき!!

※ただし、定期購読は こちら の方がおすすめ。

最新話:キングダムネタバレ627話の考察+感想まとめ【画バレなしの文字バレ】

キングダム ネタバレ 628 628話 629 629話 最新 最新話 考察 感想 予想 確定 速報 画バレ 本バレ 休載

今週のキングダム627話「道の行方~龐煖、死す~」では、

  • 信 VS 龐煖の一騎打ちが激アツ、胸アツ、鍋アツ!!!
  • ようやく、秦軍の勝利確定か!?

という流れで、キングダム627話「龐煖、死す」に入っていきます!!

キングダム627話のネタバレ考察+感想+解説その1「今週も信がグロッキー…」

信

ハァ、ハァ、ハァ、ハァ…

前回の キングダム626話 に引き続き、

 

信 対 龐煖のバトルは

白熱MAX!!!

 

しかも、夕焼けと兵士たちの血で空は真っ赤に染まっており、朱海平原の戦い15日目の終わりが近い。

 

これだけ日が暮れてしまっているので、李牧軍が鄴へ向かうタイムリミットは、完全に時間切れアウトでしょう(つまり、秦軍の勝ち確定)。

 

軍全体の勝利は秦に軍配があがり始めていますが、

 

さらに、信と龐煖の

殴り合いがヒートアップ!!!

 

朱海平原の戦い、いや、鄴攻め編のクライマックスに超ふさわしいですよね^^

そんな信 対 龐煖の一騎打ちですが、

 

羌瘣と河了貂が

オンナの勘で

何か悪い予感が

してしまう!!!

 

という展開に。

 

まさか、主人公の信がここで死ぬわけないですが、そんな悪夢を予感せずにはいられません。

 

何せ、信は龐煖戦をスタートする前から、満身創痍で疲労困憊の絶不調コンディションでしたからね。

 

しかし、その証拠に今週のキングダム627話でも、

 

龐煖の強力な一撃を

何とかガードする信ですが、

 

「ペタンっ!!!」

 

と座り込んで

またダウンだぁ~~~!!!

 

信が女の子座りで膝から崩れ落ちてしまう。

 

もはや、足がピクピク痙攣しまくっている感じであり、立っていられるのがギリギリといったところ。

 

まさに、グロッキー信ですね・・・

 

「ジョーっ(信)、

立つんだジョーっ(信)!!!」

※あしたのジョー風。

 

信がダウン寸前のシーン・・・わたしの心の中では、丹下段平がリングサイドで叫ぶほど。

 

ボロボロの肉体に鞭を打ち、なんとか立ち上がろうとする信。

 

だけど、先週の キングダム626話 と同じく、

 

念仏をブツブツ唱えながら、

仲間達+ライバル達の想いを

収束させる!!!

信

ズォォォオオオっ!!!

今週のキングダム627話でも、

 

念仏モードでHPを回復して

(一時的な回復効果ですが・・・)

グローブを構える信っ!!!

 

審判:「BOX!!!」

 

と、レフェリーの掛け声と同時に、龐煖に再びぶつかっていく信。

 

がんばれ、信っ!!!

 

がんばれ、信っ!!!

スポンサーリンク

キングダム627話のネタバレ考察+感想+解説その2「龐煖の矛、またもやパキーンて折れるwww」

羌瘣羌瘣

羌瘣ちゃんの

リミット・オブ・ラブ~~~♪

そして、限界の~、限界の~、超限界を超えて、

 

信が王騎将軍の矛を

大きく振りかぶって

ブン回す!!!

信

うぉりゃぁあああ!!!

だけど、渾身の念仏モードで奮闘する信ですが、

 

またもや龐煖の凶刃で

押し戻されるっ!!!

龐煖龐煖

セイセイセイセイっ!!!!

やはり、武神さんには、まだまだ勝てないのでしょうか・・・

 

これだけヤバイ状況に陥った信を見て、

河了貂:「王騎将軍が死んだ時の二の舞いになっちゃうよ~~~(涙)」

羌瘣:「まだお前の子を産んどらん~~~(超号泣)」

・・・という、

 

まぢで信が絶体絶命の

大ピーンチっ!!!

 

・・・とは言え、特大のスーパー主人公補正により、

 

信が再び立ち上がるっ!!!

※わたしの心の中では、タオルをリングに投げ入れる準備をしていたところでした…

 

何度も立ち上がってくる信をみて、

恐れおののくホウケンっ!!!

龐煖龐煖

こいつの粘り強さ、

しぶとさ、打たれ強さ、

ジ~マ~でバイヤ~~~~

再び信と龐煖の

刃がぶつかり合うっ!!!

 

そして、

 

バキャッ!!!!!!

龐煖龐煖

なんと、龐煖の矛の

刃が折れた~~~!!!

チーン、オワタこれ・・・

おそらく、

 

ワンピースでいうところの

李信の覇気!!!

 

みたいな設定で、信の想いのチカラ補正によって刃が一段と硬くなったのでしょう。

 

まさに、鬼滅の刃李信の刃!!!

スポンサーリンク

キングダム627話のネタバレ考察+感想+解説その3「龐煖、死亡!ほぼ死んだ!」

龐煖龐煖

まだ終わってねぇ!!!

しかし、王騎将軍を倒した時と同じく、

 

折れた矛をそのまま、

信の腹部めがけて

ターンバックル突きっ!!!

 

を繰り出す龐煖。

王騎王騎

ワタクシが最後に喰らってしまった、

龐煖の必殺技ですねぇ。。。

 

やばいっ、

 

信が王騎将軍の時

みたいに、

 

龐煖に刺される~~~!!!

 

・・・と思いきや、

 

信「スカっ!!!」

信

ヒョイヒョイ、ヒョ~イ♪

と半身サイドステップにより、

 

龐煖のターンバックル突きを

サクッと避ける信!!!

龐煖龐煖

やべっ、

外しちった(*ノω・*)テヘ

メチャクチャかっこぇぇぇえええEEEEEE!!!!!!

 

この避けっぷり、

まぢでカッコイイ、

うぉぉぉおおお!!!

(はじめの一歩で、鷹村さんがブライアン・ホークの上体そらし⇒左フックを避けたシーンを思い出しますね、はい・・・)

 

しかも、ズルい趙軍の兵士達が信の背後から槍を突き刺そうとしていた中、

(王騎将軍が中華十弓の一人、魏加の矢に撃たれた時のように・・・)、

 

渕(えんさん)+田永(でんえい)+竜川(りゅうせん)+モブ兵×1が信の背後を鉄壁ガード!!!

 

メチャクチャかっこぇぇぇえええEEEEEE!!!!!!

※本日2回目。

 

そして、

信

おんどりゃーーー!!!

ズバンっ!!!!!!

 

信+王騎将軍の矛により、

 

龐煖の上半身を

真っ二つに

一刀両断っ!!!

(肉体の10~20%くらいがまだ斬れてないけど、おそらく、龐煖は死んだはず・・・)

 

朱海平原15日目、

武神・龐煖が死すっ!!!

(かつて、麃公将軍がホウケンに言い放ったように、本当にただのド阿呆のまま死んじゃいましたね・・・龐煖は最後の最後で求道者の大いなる矛盾にうっすらと気付き始めましたが、時既に遅し!!!)

 

これで、リーボックは朱海平原から、一目散で逃亡しちゃうかもwww

 

ドゥーーーン!!!

 

龐煖さんが亡くなりましたが(信の夢オチではないはず)、今後は司馬尚(しばしょう)がホウケン位置のキャラとして参戦してきます。

 

しかも、三大天という “3人設定” がありながらも、李牧+龐煖+司馬尚のトリオが同時に揃わなかったということは、

 

司馬尚の強さが

まぢでハンパねー!!!

 

という証拠でしょうね。

 

龐煖を退場させてでも(最近のキングダムはスピリチュアル系なので復活するかもですが・・・)、司馬尚の登場によってキングダムの面白さが更に大きくUPするからこそ、龐煖をここで死なせたはず。

 

☆「龐煖、死亡」の神回!!

キングダム627話の漫画

スマホやPCで読むなら・・・

→【eBookJapan】でキングダム627話を読む!!

龐煖龐煖

キングダムシリーズの

巨塔キャラ、

龐煖が死ぬシーンを

2020年の年末年始に絶対読むべき!!

※ただし、定期購読は こちら の方がおすすめ。

 

ここで、キングダム627話が終了となりましたが、

次回のキングダム628話 あたりでは、

桓騎軍や楊端和チームが動き出すかも??

 

来週のキングダム628話も

すご~~~く楽しみです♪

→ キングダム628話のネタバレ確定をよむ!!

◎今週のキングダムに引き続き、来週も休載ではありません^^

 

ここ数週の最新話の

ネタバレ復習は

↓こちらをクリック!!

 

▼ ONE PIECE(ワンピース)で

ついに、

“ラフテルやワンピースの正体” が

明らかに??

 

スポンサーリンク

管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに

オススメの記事♪

↓ ↓ ↓

「人生ではじめての三国志なんだけど・・・」という人でも、キングダムなら歴史の知識ゼロでも余裕で楽しめますよ♪

▼ クリック ▼



スポンサーリンク