YouTubeなどへの無断転載( 詳細はこちら )。

 

アリー スター誕生 実話 ネタバレ 評価 感想

2018年12月21日より上映開始となる話題作アリー/スター誕生」。

ヒロインであるレディーガガの出演も相まって、アカデミー賞最有力の本作品。

 

そんな映画アリー/スター誕生」は実話なのでしょうか??

また、ネタバレと映画を観た評価感想はどうなのか??

 

カッパ先生カッパ先生

公開日当日に、

映画館で実際に観てきます!!

スポンサードリンク

まず、アリー/スター誕生は実話ではありません。

カッパ先生カッパ先生

実話かと思いきや・・・

アカデミー賞最有力と評価され、ゴールデングローブ賞5部門、グラミー賞4部門にノミネートされている本作品。

気になるのが、過去に活躍したスター・ミュージシャンの実話に基づくストーリーなのか、そうでないのか。

 

さっそく、単刀直入に実話かどうかというと、

 

「アリー/スター誕生は実話ではない!!」

 

なんですよね。

アリー(Ally)の役を、現役のスーパースター・アーティストであるレディーガガが演じていることから、何かと実話かと思いがち。

もしくは、レディーガガの半生を描いたような映画作品なのでは??と、私も最初は思い込んでしまいましたからね。

 

だけど、アリー/スター誕生(原題:A Star is Born)は、実話ではなくフィクションです。

ただし、実話が組み合わされたようなフィクション。

カッパ先生カッパ先生

現実の話や要素が折り重なっているイメージでしょうか。

ですが、アリー/スター誕生は、どこか実話っぽさを感じさせる作風ですよね。

予告編(ティーザー動画)を眺めていても、ノンフィクションさを醸し出すような演出が感じられます。

 

それもそのはずで、

 

【実話かも・・・と、勘違いしやすい理由】

  • ジャクソン(ブラッドリー・クーパーの役)のルックスは、米ロックバンド「パールジャム」のエディ・ヴェダーをモデリングした。
  • レディーガガの人生と似たような部分があるあらすじ。
  • そもそも、映画「スター誕生」の4度目のリメイクであり、第1作目のオリジナルは1937年公開だった。
  • そして、第1作目では、無名の若手女優「バーバラ・スタンウィック」と結婚した大スターのコメディ俳優のフランク・フェイのカップルがモデルとなった。
  • また、男性主人公としては、売れっ子俳優「ジョン・ボワーズ(トーキー時代が全盛期)」の人生も重ね合わされている。

 

という現実を組み合わせたベースがあって、この映画作品「アリースター誕生」は制作をされています。

 

だからこそ、

レディーガガの自伝的な半生を語った映画だと感じたり、

エディ・ウェダーのルックスを真似たから、

実話っぽさを心に浮かべてしまうのでしょうね。

 

それでは続いて、映画「アリー/スター誕生」のネタバレ+評価+感想を書いていきますね。

スポンサードリンク

【ネタバレ+評価】アリー/スター誕生のラストの結末は??

カッパ先生カッパ先生

2018/12/21に映画を観てきました!!

ネタバレ+評価はどうだったのか・・・

本日(2018/12/21)に、アリー/スター誕生をさっそく観てきました♪

ブラッドリー・クーパーがイケメン過ぎるのと、レディーガガが本職はミュージシャンとは思えないほどの素晴らしい演技力でした^^

 

加えて、映画のストーリー自体もわかりやすくてシンプルですし、万人受けしやすい作品に仕上がっている印象ですね(ラストまでのネタバレは以降で書いています)。

 

ここで、私の個人的な評価はというと、

 

★★★★★

※5段階評価で星5つです!!

 

もうすぐクリスマス休みや、年末年始の長期連休に入られる方々がたくさんいらっしゃるかと思います。

ぜひ、このお休みの期間を利用して映画館に足を運び、「アリー/スター誕生」を堪能されてください。

私からは「とにかく、観たほうがイイヨ!!」というメッセージを送らさせていただきますね。

アリー/スター誕生のネタバレと、ラストの結末までのあらすじ

それでは、映画「アリー/スター誕生」のネタバレと、ラストの結末を書いていきますね!!

アリー(レディーガガ)は歌手として成功を夢見るアマチュア・ミュージシャン。

そして、アリーは仕事が終わったあとに、クラブハウスで歌を歌ってライブ活動もどきをしていた。

 

で、ある日、売れっ子ロック・ミュージシャンのジャック(ブラッドリー・クーパー)が、ライブ帰りにフラッとそのクラブハウスに立ち寄る。

アリーの歌を聴いたジャックは、歌と彼女に一目惚れ!!

そのまま、夜を一緒に過ごす(この日のベッドインはなし)。

 

後日、アリーを自分のステージに上げたいとのことで、ジャックはアリーに迎えの車をよこし、ライブ会場へと連れて行く。

そして、ライブの最後で、アリーをステージに上げて楽曲「Shallow(シャロウ)」を歌わせる。

その映像がバズって、アリーは一躍有名人になる。

 

アリーはそのままジャックのライブ活動にお供するようになり、加えてアリーもステージ上での存在感を増していく。

さらに、アリーのデビューを誘うマネージャーが登場し、アリーはジャックとは別にソロ活動をする。

このままカップル破局かと思いきや、アリーの仕事は順調かつ、ジャックとの恋愛もさらに進展。

最終的に、アリーとジャックは結婚をすることになる。

 

だけど、ジャックはアル中かつドラッグ薬中で、ダメダメになっていく。

とは言え、犯罪レベルでヤバイ状況ではなく、施設に通えば復帰ができる程度の中毒。

 

そして、アリーのグラミー賞の受賞セレモニーで、付き添いのジャックは中毒でフラフラ倒れてしまい、全米中から失笑される。

ジャックは施設に入って中毒を治す。

 

施設でのリハビリ後、ジャックはアリーと一緒に再び暮らし始める。

しかし、アリーのマネージャーから、「ジャック、おまえはアリーの将来を邪魔している」と突き付けられる。

その頃、アリーはますます全米や世界中で人気者になっており、ライブ活動もアルバム販売も絶好調。

 

で、ジャックが中毒から回復したので、アリーは自分のコンサートの最後に復帰したジャックと一緒に「Shallow」を最初の頃のように歌いたいと打診。

でも、ジャックは自宅で首を吊って自殺!!

最後の結末ラストでは、アリーがジャックの追悼コンサートを開き、レディーガガが熱唱するシーンで終わり。

という感じで、とても理解しやすいあらすじとストーリー展開の映画でした。

老若男女が楽しめる、映画作品です♪

 

ちなみに、エンドロールでは、ブラッドリー・クーパーの演技コーチでもあった女優「エリザベス・ケンプ」に対し、「故・エリザベス・ケンプに捧ぐ」のメッセージがありました(ブラッドリー・クーパーが相当)。

 

【エリザベス・ケンプとブラッドリー・クーパーの関係性】

ブラッドリー・クーパーは元々、NYアクターズスタジオ大学院で演技を学びました。

そして、クーパーはこのアクターズスタジオの生涯会員。

ここで、この大学院で演技指導をしていたのが、エリザベス・ケンプでした。

つまり、エリザベス・ケンプはクーパーの恩師かつ個人演技コーチだということ。

エリザベス・ケンプは2017年9月1日に既に他界しています。

アリー/スター誕生はアカデミー賞に値する評価??

以上が、映画「アリー/スター誕生」のネタバレとラストの結末です。

で、私の個人的な意見ではありますが、アリー/スター誕生は、

 

「アカデミー賞に値する評価」

 

だと思いますね。

 

やはり、ミュージシャンが本職とは言え、レディーガガの演技がとても素晴らしく、ナチュラル過ぎてビックリでした。

もちろん、レディーガガ専用に作られたような映画なので、そう感じるのは無理もないかなと。

 

さらに、アリー/スター誕生のサントラはかなり売れているようですが、実際に映画館で聴いた挿入歌や主題歌などなど、音楽演出の面でも秀でた映画作品です。

 

なので、アカデミー賞を受賞する可能性は、かなり高いのではないでしょうか??

・・・と、私は評価をしていますね。

スポンサードリンク

 

【おすすめ関連記事】

レディーガガの病気や現在までを

生い立ちから振り返る!

結婚の話題も!

カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪

スポンサードリンク


管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに
オススメの記事♪
↓ ↓ ↓




【キングダムネタバレ最新話一覧(確定&予想)はこちら!!】
キングダム ネタバレ 最新 最新話 確定 速報 予想 史実 今後の展開 考察


カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪



スポンサードリンク