吉田輝星 イケメン イケメンすぎ ハーフ 調子乗り シャキーン

2018年、一気にスターダムを駆け上がった金足農業の吉田輝星(よしだこうせい)。

ドラフト⇒プロ入りの今後の去就が気になりますが、イケメンすぎる!

ハーフである噂もチラホラ聞こえています。

 

そんな吉田輝星ですが、

シャキーンのポーズだったり、マウスピースだったりが調子乗り過ぎ感が・・・

ハンカチみたいにならないで・・・

スポンサードリンク

吉田輝星に「調子乗り過ぎ」との声が増えている!?

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

試合終了後にフェンスを殴る吉田輝星

※もしかすると、

自分の気持ちをコントロールすることが苦手なのかも。

・・・となると、このままメディアに持ち上げられまくったら、

調子乗りがヒートアップしてダメ投手(斎藤佑樹みたい)になってしまうかも泣。

 

まず、

 

“調子乗り過ぎ” だと言われやすい理由】

  • シャキーンポーズ(侍ゲームで抜刀するシーンが由来でゲン担ぎ的なポーズ)
  • 真っ白でキラリと輝くマウスピース(投球時に力が入りやすくなるため)
管理人のレゾ管理人のレゾ

さらに、“現在の最新の髪型が両サイド刈り上げ” になったことで、調子乗り過ぎ感がMaxに!?

→【画像】吉田輝星の髪型は刈り上げ!くせ毛で天然パーマでブサイクな長髪?

 

がクローズアップされている吉田輝星。

 

過去にもハンカチ王子こと斎藤佑樹も似たような具合で、調子乗り過ぎ感がありましたよね。

それと酷似しているため、世間からは「吉田輝星は調子乗りすぎ」という意見がチラホラ上がって来ています。

 

さらに、つい先日に行われた台湾戦で打たれたことで、風当たりが強くなっています。

本人も納得がいかなかったようで、試合後にフェンスを殴る始末(↑の画像)。

 

イケメン・吉田輝星がお怒りモード!!

 

やっぱり、甲子園で持ち上げられ、調子に乗り過ぎだったから打たれたのかもしれません。

そのため、今後は調子に乗らずに、甲子園で有名になる前のマインドで取り組むようになるはず。

 

ですが、吉田輝星は「イケメンすぎる」と言われていたり、シャキーンやマウスピースも各種メディア・報道機関がニュースにしたいネタなので引き続き持ち上げられまくるでしょう。

本人が調子に乗らないように気を付ければ大丈夫だと思いますが、斎藤佑樹みたいに調子乗り⇒努力不足などに陥る可能性も否めません。

 

ということで以降では、

  • 吉田輝星がイケメンすぎる件
  • 吉田輝星の調子乗りの件

について、より詳しく解説していきますね!!

吉田輝星(よしだこうせい)がイケメンすぎる理由

今後のドラフト会議での去就や、プロ入り後の活躍が期待されている金足農の吉田輝星。

ファーストネームが輝星(◯こうせい、Xきせい)という若干キラキラネームっぽいですが、やはり、こうしてメディアに大きく取り上げられるような甲子園のスターにふさわしい名前ですよね。

 

そして、肝心のピッチングでは、

 

  • 150km/hの火の玉ストレート
  • キレッキレのスライダー
  • 極めつけはキラリと輝く純白のマウスピース

 

の三拍子がそろっています。

 

それでいて整った顔立ちであるがゆえに、

 

「吉田輝星、イケメンすぎる~~~!!!」

「吉田輝星が超カッコいい♪♪♪」

 

という黄色い声援がスタンドだけでなく、街中からも聞こえてきます。

おそらく、日本全国のお茶の間でも、テレビで吉田輝星が映るたびにキャーキャーという歓声が鳴り響いていますよね。

 

もちろん、今は当たり前となったSNS上でも、

↓このように熱烈なラブコールが呟かれています!!

わたしは男ですが、吉田輝星を見ていて男でも惚れてしまうようなイケメンぶり。

 

それでいて、ピッチャーとしての実力が超高校級でありながら、地方大会から甲子園の決勝まで一人で投げ抜いてきただけに、

 

スーパー頼れる大黒柱感を持ち、

だけどインタビューなどでの受け答えではお茶目でキュート一面というギャップ♪

 

が世の女性達のハートを掴んで離さない理由でしょうね。

 

投手としても一流、性格や人間性も一流、マウスピースとシャキーンポーズもカッコいい・・・どれを取ってもわたしは完敗です(むしろ、足元にも及ばないし、比べられるほどのレベルにすら達してません泣)。

残念ながら吉田輝星はハーフじゃない。

ここまで、吉田輝星がイケメンすぎる件について、熱く語ってきました。

 

で、秋田県出身の吉田輝星ですが、

 

ハーフではないか??

 

という噂もチラホラ聞こえています。

確かに、目や顔のスッキリした輪郭から、ハーフを彷彿させますよね。

 

ですが、吉田輝星はハーフではなく、両親は2人とも日本人(父親が吉田正樹さん、母親がまゆみさん)。

ここまでのハイスペックを持っていながらハーフだったら、天は吉田輝星に何物も与えすぎ!!

スポンサードリンク

調子乗り過ぎな吉田輝星の今後が心配

吉田輝星 イケメン イケメンすぎ ハーフ 調子乗り シャキーン

本記事では、吉田輝星がイケメンすぎることについてガンガン語って来ました。

 

しかし、最後にわたしが個人的に心配している、吉田輝星の不安要素が1つあるんですよね。

それは、かつてはハンカチ王子として世間を騒がせた、斎藤佑樹を思い出させる点。

 

斎藤佑樹も甲子園でビッグスターとなり、早稲田大学でも当然ながら大スター、しかし、プロ入り後に撃沈。

かつての甲子園のライバル田中将大とは、1億光年以上もの差を付けられてしまいました。

 

吉田輝星も斎藤佑樹っぽさがあるので、その点がすごく心配なんですよね。

シャキーン、マウスピース・・・ハンカチ王子「斎藤佑樹」を彷彿させる。

たとえば、↑こちらにあるようなご意見。

 

わたしもこの方のツイートに共感していまして、

 

  1. 斎藤佑樹はメディアにチヤホヤされまくって調子乗り過ぎ状態になった。
  2. 斎藤佑樹もハンカチ王子の異名を生んだハンカチを愛用(吉田輝星はマウスピース)。
  3. 加えて、吉田輝星は斎藤佑樹には無いシャキーンポーズというアピールもある(見る人によっては調子乗り過ぎと感じる)。

 

という3つの点が不安要素を感じさせてしまうんですね。

 

ただし、イチローだって打席に入る前には、儀式的な恒例のポーズを取ります。

なので、吉田輝星のシャキーンポーズはギリギリアリかなとは思いますよ。

 

しかし、「マウスピース+シャキーン」はやり過ぎのパフォーマンスかもしれません。

もちろん、マウスピースは力が入りやすいようにするためですし、シャキーンポーズもメンタル面を落ち着かせるための重要なゲン担ぎ。

だから、吉田輝星のマウスピース&シャキーンを否定する気はありませんが、やはり、斎藤佑樹を思い出させるので私自身はすごく不安。

吉田輝星 肌荒れ ニキビ

管理人のレゾ管理人のレゾ

2018年10月10日の記者会見にてプロ入り希望を表明!!

とは言え、斎藤佑樹とは違って大学には行かずにプロ入りを選んだ吉田輝星ですし、まだ10代のうちにプロの指導を受ければ、たとえ大げさなパフォーマンスをしたって実力もしっかり伸びていくでしょう。

まぁ、すでにプロでも活躍できる実力が身についているでしょうし、もしかすると心配過ぎかもしれません。

 

何はともあれ、吉田輝星が日本球界のエースになれるように、みんなでガッツリ応援していきましょうね!!

※吉田輝星なら調子乗りすぎにだけ注意すれば大丈夫なはず。

スポンサードリンク

 

【おすすめ関連記事】

吉田輝星の彼女は永野芽郁?

好きな女性タレントでお似合い♪

カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪

スポンサードリンク


管理人のレゾ管理人のレゾ

あなたに
オススメの記事♪
↓ ↓ ↓


【キングダムネタバレ最新話一覧(確定&予想)はこちら!!】
キングダム ネタバレ 最新 最新話 確定 速報 予想 史実 今後の展開 考察

キングダムネタバレ最新話一覧!

確定+感想+予想&考察を

管理人が独自レポート!



カッパ先生カッパ先生

↑こちらの記事も読んでね♪



カッパ先生カッパ先生

↑ ↑ ↑
2019年の猛暑日をたのしく暮らすための
必須アイテム集です♪


スポンサードリンク